年末年始 外国人が不思議に思うニッポン

年末年始は各国の習慣が色濃く出ますよね。21世紀、令和の時代に入ったいまでも日本には昔ながらの習慣が数多く残っています。

例えば、おせち料理を食べたり、子どもにお年玉を渡したりすることも昔ながらの習慣や伝統のひとつです。

しかし、それらの文化に慣れていない外国人からすると、驚いたり不思議に思ったりすることも少なくありません。

そこで今回は身近にいる日本の在住、あるいは日本に在住経験のある海外の友人たちに、日本の年末年始で不思議だと思う習慣を聞いてみました。

なんで窒息してまで、もちを食べるの?/カナダ出身

まずは日本の伝統的な食べ物に関する疑問から。日本では年末年始に、さまざまな験担ぎの食べものを口にしますよね。

それこそ「何で食べるの?」と、私たち日本人すら由来や意味を知らない食材を口にするわけです。例えば、年越しそば、おせち料理、お雑煮、七草がゆなど、いろいろ。

もちろんこうした儀式に近い食べ物に対しては伝統なので納得するみたいですが、なかには外国人からすると「なぜ!?」と思うものも。

日本に留学経験のあるカナダ出身の30代の女性によれば、のどに詰まらせて高齢者が亡くなるくらいなのに、どうして日本人はリスクを冒してまで「もち」を食べようとするのか不思議に思う、と教えてくれました。

確かに、もちの窒息事故は、毎年のように発生します。東京消防庁によれば、毎年12月~年明けの1月にかけて、特にもちの窒息事故は増えるとの話。

2013(平成25)年から2017(平成29)年までの5年間に、もちをのどに詰まらせて、東京都では521人が救急搬送されているのだとか。その9割が、65歳以上の高齢者だといいます。

それでも正月にもちを食べようとしますよね?どうして日本人は、これほど年末年始にもちを食べるのでしょうか。

『子どもと楽しむ にっぽんの歳時記 食と手作り12か月』例えば雑煮は年神さまに供えるもちを、一緒にいただくという意味があるとされています。年神さまとは、

<正月に家々に迎えて祭る神。豊作の守り神であり、祖霊>

ですね。神様に前年の収穫物であるお米からつくったもちを備え、おすそ分けとして、自分たちで雑煮でもちをいただくわけです。

さらに重要な点として、もちは、おいしいです。個人的にいえば、富山県産の新大正もち米でつくったもちのおいしさは、やめられません。

美味しく食べるためにも、とくに小さな子どもや高齢者のかたは食べる前に小さく食べやすい大きさにして、水分をしっかり補給しておくとよいでしょう。

そしてなるべく誰かと一緒に注意しながらよく噛んで食べるようにするといいですね。消費者庁では「消費者への注意喚起」として、年末年始のもちを食べるときの注意点を公開しています。無理に食べないこと、そして食べる前は必ずチェックしておきましょう。

なぜ「Happy New Year」と叫ぶの?/イギリス出身

旧正月・新正月の話に関連する意見だと思うのですが、日本人の特に若い世代が盛り上がる大みそかのカウントダウンイベントに違和感を覚えると、イギリス出身の60代の友人がいっていました。

最近の日本におけるハロウィンの盛り上がりに対する違和感と並んで、グレゴリオ暦(太陽暦)に沿って新年を迎えた瞬間を、カウントダウンしながら「Happy New Year」と英語で叫んで大喜びする日本人の姿と、冬なのに「新春」というところに不思議さを覚えるみたいですね。

さすがに「楽しいんだから別にいいじゃない!」と反論をいいたくなりましたが、そのイギリス出身の友人からすると、明確に理由を言葉にはできないものの「節操のなさ」を感じるそうです。あくまでも、繰り返しておきますが、彼の個人的な見解です。

もしかすると、このイギリスの友人が感じる「節操のなさ」とは、先ほど中国の友人が日本の伝統行事の代表格として挙げられる正月の一連のイベントを、旧暦ではなく新暦で祝う姿に違和感を覚えるといった意見と、根底の部分で通じるのかもしれません。

また、年賀状に「新春」などと書きますが、新暦の1月1日はたいてい春の気配どころか本格的な冬の到来に備えなければいけない時期です。筆者の暮らす富山では、いよいよ大雪が降り始めるタイミングでもあります。

関連記事

このずれがありながらも「明けまして、おめでとう!」ではなく、「Happy New Year!」と英語で叫ぶ日本人の姿が不思議に映るのかもしれません。

そして本格的な冬が始まるにも関わらず「新春」ということに対して、「冬なのになぜ春なの!?」と突っ込みを入れたくなるのかもしれませんね。

正月が新春といわれる理由には旧暦が大きく関係しています。かつて使っていた旧暦では、正月が現在の2月ごろに相当します。旧暦といまの暦は、およそ1カ月ほどずれているのですね。

そして2月といえば立春を迎えて、春のきざしを感じる季節ですので昔から「初春」、別名「新春」と呼ばれていました。そのためお正月といえば春の始まりとされており、現在でも年賀状などに「新春」と書かれているのです。

なぜクリスマスではなく、年末年始に休むの?/アメリカ出身

最後は、日本で働くアメリカ人の意見です。日本にかなり長く暮らすその人は、年末年始の過ごし方について、いろいろ突っ込みたいところがある様子です。特にクリスマスと年末年始の休み方のギャップは、いまだになじめないのだとか。

日本の企業の場合、年末年始には数日〜1週間くらいの休みが設けられます。

しかし、欧米の企業は、新年を挟んだ年末年始に長期の休みはありません。

大みそかも仕事を早めに切り上げる程度で、一般的に1月2日から仕事が始まるといいます。その代わりに、欧米の人はクリスマス休暇をしっかりととります。

アメリカの友人からすれば、日本流のスタイルを尊重したい気持ちがありながらも、クリスマスではなく年末年始の長期休暇に、いまだにギャップを感じているのだとか。

日本ではクリスマスは祝日になりませんから、クリスマス休暇がないという異文化に対して戸惑ってしまったのかもしれませんね。

このように私たちにとっては当たり前のように過ごしていることでも、外国人にとっては「一体、なぜ?」と疑問に思うこともたくさんあるようですね。

関連記事

今回は、さまざまな国出身の外国人に日本の年末年始についてお話を伺ってみましたが、なかには「たしかに、なぜだろう?」と思うこともあったのではないでしょうか。

もちろんまだまだ気づいていないだけで、隠れているニッポンの不思議もあるはず。皆さんも何かの機会で外国人と話す機会があれば、日本で不思議に思う風習や習慣について聞いてみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

シェアする

フォローする