子育てでカラダが限界なんですがどうすればいいですか 育児の疲れスッキリbook

子育て中は身体に自分が思っている以上に負担がかかっているものです。出産後も数年はホルモンバランスも崩れやすかったりなどで、子育てをする前には感じたことのなかった不調を感じるようになることがあります。

子育て中は自分の事はどうしても後回しにしてしまい、子供優先になってしまいます。毎日楽しいと感じる事だけではなく、慣れない抱っこで腕や腰が痛くなることもあるでしょうし、鉛のように固くなるほどの肩こりも経験するかもしれません。夜泣きで満足に寝ることも出来ず慢性的に寝不足になる事もあります。

先の見えない子育てに限界を感じて、どうすればいいのか途方に暮れてしまう事もあります。だからと言って大事な我が子の子育てを投げ出して自分の為にリフレッシュする時間をとるなんて罪悪感を感じるかもしれないし、なかなか難しいことです。ですが、心と体の不調を背負ったまま満足な子育てはできません。そんな時は、育児疲れスッキリbookを使って子育て中のちょっとした隙間時間で自分をいたわってあげましょう。

育児疲れスッキリbookは48のメソッドに従って心と身体をぷちセルフメンテナンスをすることで、心と身体の疲れを防ぎながら癒すことを目的としています。内容は大きく三つに分かれていて、疲れを感じなくなるように身体の使い方を変えるメソッド、ちょっとした空き時間にできるメンテナンスのメソッド、時間を取れるときに心と身体のメンテナンスをするためのメソッドとなっています。

自分のその時々の状態によって選べるようになっており、一度に全部行わなくてもいいようになっているため、自分の為に時間が取りずらい子育て中の方には大変おすすめです。

子育てに限界を感じてどうしたらいいのかと悩む前に、自分で自分を癒してあげましょう。子育て期間は途方がないようで人生の中ではとても短い期間でしかありません。心と身体の不調を防ぎ楽しんで子育てをしましょう。

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>