水回り 風水金運アップ

掃除をすると部屋もきれいになり、気分がすっきりします。家の水回りは、特に風水では金運アップにつながる場所として有名です。開運や運気を上げる清掃のコツは何かというと、色々あります。

まず水回りとは具体的にどのようなものを指すのかというと、蛇口や排水口等です。これらを常にきれいにしておく事が、特に風水上とても重要です。

排水口は、掃除を少しでも怠ると、すぐに詰まったり悪臭を発生させます。詰まっていると、悪い気が流れていかずよくありません。そこで、定期的に排水口洗浄剤を使ってきれいにしておくと良いです。

蛇口はステンレス素材で出来ている場合がほとんどで、磨けば磨くほど光りやすいので、風水では金運や美容運のアップにつながります。
しかし手垢や水垢で汚れやすい場所の一つでもあるので、こまめに拭いて蛇口を曇らせないようにすると良いです。それでも汚れてしまった場合は、市販されているクエン酸や重曹で掃除をするときれいに汚れが取れます。

次に場所別に見てみると、キッチンやトイレ、洗面所やバスルーム等が挙げられます。これらにもそれぞれ開運や運気を挙げる清掃のコツがあります。
キッチンは水だけでなく、火も使い、食べ物を扱う場所でもある為、風水的に色々な運が関わっている場所です。ガスコンロは命の源でもある食べ物を調理するので、ここが油で汚れていたり焦げ付いたりしているとよくありません。そこで油汚れに強い洗剤や重曹で、掃除をして常に清潔にしておく事が大切です。

シンクも水垢で汚れていると、金運や美容運が下がってしまいますので、水垢がつかないように定期的にクエン酸やお酢等を使ってきれいにしておくと良いです。
トイレは基本的に体からの不用物を排出する場所なので、風水上あまり良い場所ではありません。しかし風水では、きれいに使う事で、金運や出生運が上がり、子宝にも恵まれる場所としても有名です。

トイレ清掃で運気が上がるコツは、便器をしっかりと念入りに磨く事です。特に蓋の裏側や淵の部分、内部の水が溜まっている境目等、汚れが見落としがちな場所をきれいにすると開運アップにもつながります。
他にも洗面所は美容運に影響を与えるので、特に鏡が曇らないように常にきれいにしておく事が大切です。浴室は体の汚れを洗い流す場所で、風水的に悪い運も同時に流す重要な場所として挙げられます。

そこで、鏡や蛇口等は常に汚れがつかないように磨き上げ、風呂椅子や洗面器も垢がつかないようにする事が重要です。もちろんシャンプーや石鹸等、体を洗う時に必要なものも、ごちゃごちゃ置かずに、出来るだけ数を少なくして一箇所に整頓しておく事も大切です。

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>