*

夏バテ防止だけじゃないお酢の魅力

公開日: : 美容・健康

“お酢”は、美容や健康を促進・維持する効果が期待できる調味料で、古くから疲労回復のためにも活用されています。

お酢の魅力を3つお伝えします。

(1)「カルシウム」の吸収率アップで、骨粗しょう症対策に
カルシウムは骨を丈夫にする作用で知られていますが、日本人が不足しがちなミネラルでもあります。カルシウムは水に溶けにくく、吸収されにくい栄養素のひとつでもあります。

ですが、酢と一緒に摂取することで、酢の成分である「クエン酸」が体内でカルシウムの吸収率を高めてくれます。年齢が上がると気になる骨粗しょう症対策のためにも、カルシウムとお酢を一緒に摂取しましょう。

(2)抗菌作用で腸活
強力な殺菌作用で腸活

関連記事

 

お酢は、抗菌作用により腸内の悪玉菌を減らしてくれます。また、お酢に含まれる成分には、「グルコン酸」というものがあります。グルコン酸は、腸内の善玉菌である「ビフィズス菌」の大好物で、エサとなって善玉菌を増やし、腸内をキレイにしてくれます。

お腹に便が溜まっているということは、体内に老廃物を溜めているようなことです。便秘が続くと、肌荒れや疲れがとれない等の不調が現れる場合があります。

腸をきれいにするとアンチエイジング効果が期待できるだけではなく、心身を健康に保つ効果も期待できます。継続的に摂取したいですね。

関連記事

 

(3)疲労回復
お酢の成分である「クエン酸」には、疲労回復効果が期待できます。疲労物質を分解してエネルギーに変えてくれるからです。

手軽にお酢を摂取したいなら、果実酢がおすすめです。

暑くて食欲がない時は、お酢を使った料理や飲み物を摂ることをお勧めします。お酢は魚貝の臭みをとり除いたりお肉を柔らかくしたりする作用もあるので、料理に使うと一石二鳥ですね。

お酢には、米を発酵させた「米酢」、玄米を発酵させた「黒酢」、ぶどう果実を発酵させた「ワインビネガー」、リンゴ果汁を発酵させた「リンゴ酢」、濃縮ぶどう果汁を長期熟成させた「バルサミコ酢」などのさまざまな種類があります。お好みのお酢を毎日摂取して、美と健康を手に入れましょう。

 

関連記事

 

関連記事

夏の疲れ・ダメージに旬の「梨」の栄養と簡単

ひとくち頬張ると、ジューシーな果汁が口いっぱいに広がるみずみずしい果実「梨」。8月から10月にかけて

記事を読む

冬は肌の乾燥季節

体温と外気に一番差が出る冬です これだけでも体は負担を感じているのに湿度も低い。 こ

記事を読む

ローヤルゼリーもっちりジェル ジャータイプ

独自技術で作られたシルク由来浸透カプセルのローヤルゼリーを惜しみなく含むのが、ジャータイプで使いやす

記事を読む

姿勢でカラダも美しくなる体幹

姿勢を美しくすることでカラダも美しくする事も出来ると考えて良いでしょう。姿勢をよくするということは体

記事を読む

脱毛器を使ったケア

女性がしなければならない身だしなみケアの一つであるムダ毛の処理は、間違った方法で行うと大切な素肌に深

記事を読む

いびき対策グッツ 顎固定サポーター

お付き合いをし始めてから間もないパートナーが居り、普段は周囲の人々が羨むほどの仲が良い様子で過ごして

記事を読む

シミトリ-オールインワン

若いうちには気にならなかったシミやそばかすなどは、年齢が上がることによって徐々に目立ち始めます。そこ

記事を読む

現役薬剤師が選ぶ市販の花粉症用目薬

花粉症シーズン真っ只中。目は赤く充血して、かゆくて重くてしかたない。◆外出するのがおっくうになり・気

記事を読む

筋トレ 食事法

一般的に筋トレのイメージとしては身体の見た目をよくするのが先行しますが、近年では筋トレは健康にとって

記事を読む

ヒアロディープパッチほうれい線

マイクロニードルはパッチタイプの貼り付ける化粧品です。 近年こういったマイクロニードル化粧品が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

夏の疲れ・ダメージに旬の「梨」の栄養と簡単

ひとくち頬張ると、ジューシーな果汁が口いっぱいに広がるみずみずしい果実

夏バテ防止だけじゃないお酢の魅力

“お酢”は、美容や健康を促進・維持する効果が期待できる調味料で、古くか

腸内環境を整える 発酵おやつ

腸内環境をよい状態に保つことが、美容と健康の要であることは広く知られる

栄養の吸収率UP!美容&健康のために食べ合わせ

毎日、何気なく食事をしているとおいますが、食べ合わせによってはもっと効

短い時間しか寝られない!眠りの質をよくするコツ

短い時間睡眠では睡眠の『質』を上げる事が大切 睡眠は「時間」と“質”

→もっと見る

PAGE TOP ↑