夏バテ予防

毎日残暑で夏バテ気味、なかなか食欲がでないとと言う人も多いと思います。でも食事を取らないとますます体力が落ちて悪環境になります。そこで、夏バテに効く食べ物です。

夏バテ解消には、栄養補給する事が重要で、タンパク質やビタミンB群、ビタミンCやミネラル、カルシウム、鉄、カリウムをしっかりと取りバランスの取れた食事が重要です。
レバーは、鉄、タンパク質、ビタミンB群やミネラルが豊富、うなぎは、糖質脂質を分解助け、ビタミンB群やビタミンAも豊富で、免疫力アップしレバーと同じぐらい高栄養食材です。

枝豆は、糖質タンパク質がバランス良く、ビタミンB群ビタミンCが含まれ夏バテには、手軽に食べられる食材です、

パプリカ、ビタミンCが多くビタミンAやEも多く抗酸化ビタミンも豊富あと夏野菜は、ピーマンやなす、トマト、ゴーヤー、オクラやキュウリは、水分が多く体を冷やす効果がありお勧めです。
体を冷やし過ぎないように、カレーやキムチ、ピリ辛料理は、血行を良く発刊を促し新陳代謝が上がり食欲を増進し消化も促進します。

関連記事

ビタミンB群を多く含む食材が、豚肉、うなぎ、納豆、豆腐大豆食材や卵です。
特に豚肉は、夏バテ予防に最適な食材でビタミンB1が多くおすすめです。
また、夏バテ予防にオクラや長芋、モロヘイヤやネバネバした食材は、栄養豊富でお勧めです。

夏旬な果物、スイカやパイン、キュウイ、フルーツパパイヤやバナナ、マンゴーがあります。パパイヤは、GSTという解毒力が他のフルーツに比べ高いので、肝臓を強くし夏バテ効果あり、キュウイは、ビタミンCの量が多くバナナは、無農薬だとバナナの皮に抗酸化作用のポリフェノールがいっぱいです。

夏バテ予防には、こまめに水分補給し旬な食材を取り十分な睡眠を取り猛暑の夏を打ち勝つ体力をつけて下さい。

シェアする

フォローする