*

マスク肌荒れの原因&対策

公開日: : 総合

『マスクで肌荒れをしてしまう』という人も多いのではないでしょうか。マスクで肌荒れしてしまう原因と対策についてお伝えします。

■マスクで肌荒れしてしまう原因と対策3つ

(1)マスクの「生地」が肌に合わない

「乾燥する」「ガサガサになる」といった肌荒れを起こす人に多いのが、マスクの素材が合わないというケースです。マスクは通常、『不織布』という化学繊維が使われています。この繊維があわない、もしくは加工の際に使う接着剤のような役割の成分が肌に合わないという場合もあります。

対策としては、シルク配合やガーゼタイプ、敏感肌用のマスクを使用することです。マスクが手に入らない場合は、安心素材で手作りすることもいいかもしれませんね。

(2)蒸れて雑菌が繁殖している

かゆみや吹き出物、ニキビができやすい場合は、蒸れから雑菌が繁殖していることが考えられます。こまめにマスクを変えたり、汗の処理をきちんと行いましょう。

弱酸性の化粧水を持ち運び、休憩時間やメイク直しの時にコットンにひたして押し拭くように保湿をして清潔を保つことで、肌荒れを軽減させることができます。時間がない人はシュッとスプレーするだけでもOKです。

(3)マスクによる摩擦

マスクによって過度な摩擦が起こると、「ガサガサ」や「乾燥」「ヒリヒリ」「赤み」として肌荒れが起こることもあります。

マスクを立体的な形のものに変えたりサイズ感の工夫をしましょう。また、鼻や頬にワイヤーがありぴったりとしているけれど頬周りには余裕があるものを選ぶと良いです。

マスクを着用する前に肌を保護するクリームなどを塗り、摩擦を軽減して対処することもおすすめです。すっぴんでマスクをしている人は、下地などを塗ることで摩擦を少し軽減することもできます。

最近はマスクを購入したくても見かけることが少なく、素材や形を選ぶことがむずかしいかもしれません。早くマスクのいらない日々に戻ることを祈るばかりです。

マスクで肌荒れしやすい人は、肌のバリア機能が弱っている可能性もあります。質の良い睡眠やバランスの良い食事など、身体の中からの健康も振り返ってみてくださいね。

関連記事

3月の花粉症予測

この先一週間は、全国的に花粉の飛散数がかなり多くなりそうです。特に太平洋側の地域では、連日、非常に多

記事を読む

日焼けケア

美容の大敵、日焼けは、冷やす・保湿・水分補給の効果的なアフターケア方法を知れば紫外線ダメージを最小限

記事を読む

“激安のお肉”が柔らかく美味しくなる方法

柔らかくて美味しいお肉というのはそれ相応の価格が付けられているものでした。しかし、調理法によっては安

記事を読む

早朝電車のベビーカー問題!カンニング竹山激怒、あなたは最高だよ

24日フジテレビ『ノンストップ!』で竹山が吠える吠える! 『どの時間に、乗ってもいいのが公共の物で

記事を読む

酒飲みにチーズのすごすぎる効能

チーズほど「完璧な食品」はない まずは、単純に手を加えずそのままでもう十分に美味しい食べ物だからで

記事を読む

北陸石川県七尾市に仕事の都合上により単身

北陸石川県七尾市に仕事の都合上により単身にて 数年生活し今では第2の故郷と思う地域でもあります。

記事を読む

水回り清掃

キッチンや洗面所、お風呂やトイレなど身近な所に水回りはたくさんあります。普段からこまめに清掃をしてい

記事を読む

糖尿病リスク AIが予測ツール

糖尿病は、適切な生活習慣や食生活・運動習慣治療により合併症の重症化を防止することが可能な病気です。食

記事を読む

2018年夏旅行人気の徳島県

徳島県8月12ひ~15日に四国三大祭り阿波踊り400年の歴史が有りその名世界にも知られようになった。

記事を読む

お風呂 掃除

防水性や気密性が高いため、汚れやすいユニットバスの掃除方法についてお教えしたいと思います。 汚れる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仲良しカップルから喧嘩後の気まずさを解決するヒント

カップルなら必ず起こる喧嘩問題。ぶつかってしまった後は、彼と気まずい雰

冬はメンタル不調の季節元気な心をキープするポイント

秋から冬にかけては、「今ひとつ心の元気が出ない」「寝ても寝ても眠い」「

サンキューハザードをしなかったら、後続車からあおり運転を受けたとのSNSへの書き込みが増えている

合流路で道を譲ってもらった際にハザードランプを短く点滅させるいわゆる「

ウオーキング 脂肪を燃やす 適切な心拍数

今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日から

まつ毛 のダメージを加速させている? 三大NG

長く、太く、濃いフサフサまつ毛は、いつの時代も女性の憧れ。でも実際には

→もっと見る

PAGE TOP ↑