キッチン 排水口 掃除

キッチンの排水口を掃除してもぬめりがなかなか取れない場合があります。食器用洗剤でかごの部分や排水溝をたわしやブラシで磨いても取れないのであれば、食品からでる脂汚れが取れにくく付着した状態で、汚れに雑菌が繁殖してぬめりの原因となっていることがあります。家庭にある物で取る方法があるので、試してみるといいでしょう。

脂汚れは酸性の性質を帯びているので、アルカリ性の製品を使って中和させる方法があります。自宅に重曹がある場合は排水口とくず取りかごに振り掛けて磨くと取れやすくなります。ただ、そのままでは強いアルカリ性ですので、排水口の金属部分やくず取りかごを傷めてしまう恐れがあります。

食物酢を一緒に入れて弱アルカリ性にすると、効き目が穏やかになり傷むことがありません。
排水口から排水管に繋がるねじは取り付けたままで、重曹大さじ1~2を排水口めがけてまんべんなく振り掛けるようにします。約半量の大さじ2分の1~1程度の分量の食物酢を重曹にかかるように入れます。

泡が立ってくるのを目安にし、それ以上は酢を入れないようにしてください。完全に中和すると脂汚れや雑菌を落とす効果が低くなるからです。泡立つ力があるとより油脂汚れが落としやすくなります。
30分~1時間程度そのままにしておいて、排水口のねじやかご、シンクなどをたわしやスポンジなどで丁寧にこすって落とします。

かごや排水口のねじ部分、排水口の奥の細かい部分にたわしやスポンジなどが入り込めないので、使い古しの歯ブラシを使って丁寧にこすり洗いすると綺麗に落とせます。重曹は粉状で研磨剤の役目を果たすので、排水口掃除では磨き洗いが可能です。

丁寧に汚れを落としたら、ぬるま湯で丁寧に洗い流します。脂汚れや雑菌はぬめりが強く粘着性があるので、水よりも湯で流した方が汚れ落ちが良く、かごのメッシュ部分やねじの部品の部分にも残りにくいです。

掃除を終えたら、雑菌が付かないように予防や対策をすることが必要になります。キッチン用のカビ取りスプレーを使って噴射する方法もあります。

ないのであれば、アルミホイルを適当な大きさにちぎって丸めておくと、水が流れる度にアルミからイオンが発生して雑菌が繁殖しにくくなる効果があります。雑菌は金属のイオンを苦手にしているためです。硬貨でも利用できますが、お金をキッチンの水回りの掃除に利用するのは抵抗があるという方も多いので、アルミホイルを手軽に使うことを勧めます。

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>