4月の満月はPink Moon

月には、その日の見え方によって新月、三日月、満月、十五夜、十六夜などさまざまな呼び方があります。この他にも珍しい月として知られているのが、ひと月に新月が2回ある ☆ブラックムーン☆ ひと月に満月を2回見られる☆ブルームーン☆月が地球に近づくことで通常よりも大きく見える☆スーパームーン☆などがあります。

その日の見え方や現象、大きさに色によって呼び方が変わる月、月の名前は、これだけにとどまらず、毎月見られる満月にも名前がついていること、知っていました? 今月・4月の満月は☆Pink Moon☆その可愛らしい名前から、もしかして“ピンク色”の月なの!と想像する人も多いはず。でも実際はそうでなく、春先に咲く花の名前にちなんだ呼び名なんですね。

そして、なんと“Pink Moon”を見ると恋愛運が上がる、ご利益がある幸せをもたらすという言い伝えも! 今年の“Pink Moon”は、4月19日(金)。18時すぎに東の空から満月が昇ります。大切に思う方と一緒に、4月の平成最後の満月“Pink Moon”を眺めるのもロマンチックですね。

“Pink Moon”のように、毎月ある満月の名前は、☆ネイティブアメリカンの部族によって付けられたもので。それぞれの季節を把握するためにも、その月の出来事や特色を表した名前をつけていたそうです。満月につけられた名前を覚えておくと、これから月を眺めるのが楽しみになりますね!
月のでる時間は?

月は東から昇ってきますので、月の出る時間は東ほど早く、札幌では18時1分・仙台は17時59分・東京は18時2分・名古屋は18時14分・大阪は18時19分・広島は18時32分・高知は18時27分・福岡は18時40分・那覇は18時47分です。札幌と那覇では、なんと月の出る時間が46分も違うのです。

今夜の天気は?

気になる夜の天気ですが、北海道や本州は、日本海側ほど晴れるでしょう。太平洋側や四国も、雲の間から“Pink Moon”を見られる所がありそうですが、午後9時頃までは、にわか雨に注意が必要ですね。九州は広い範囲で晴天が続くので、月を見るのにはおススメです。沖縄も月を見られるチャンスがありますので、ぜひ、夜空を見上げてみて下さいね。

シェアする

フォローする