敬老の日 お菓子,名入り マグカップ

日本には国民の祝日と呼ぶ日が多数ありますが、従来毎年9月15日は敬老の日として国民の祝日が定められていました。但し、これは2002年までであり、2003年からは9月の第3月曜日が敬老の日になり、土日が休みの場合には3連休になるわけです。

ちなみに、国民の祝日は土日に繋げているケースが多くあるのも特徴で、従来は9月15日などのように定めてあるものを変更しているケースが多いのです。

所で、敬老の日はお祖父さんやお祖母さんへの感謝をする日になるわけですが、お祖父さんやお祖母さんの年齢は関係なく、孫が生まれることで敬老の日の中でのお祝いをするのが一般的です。仮に、40歳の人でも、子供が生まれれば、その人のご両親は敬老の日の中でのプレゼントを貰えるチャンスもあると言うことです。

プレゼントを選ぶ時にお勧めなのがギフト お菓子・名入り マグカップ・箸などです。ギフト お菓子の場合はカタログの中から好きなお菓子を選んで貰うことが出来るので、直接お菓子を買うよりも喜んで貰える可能性が高くなります。

年齢を重ねると入れ歯などで硬いものを食べることが出来なくなるわけで、若い頃には硬いおせんべいが好きだったお祖父さんも入れ歯により食べることが出来なくなるケースも多い、こんな時にもギフト お菓子なら自分の好みのものを選んで注文が出来るメリットを持ちます。

名入り マグカップはお祝いの記念にも最適な商品です。観光地などに出掛けるとマグカップなどに絵付けをして、それを窯で焼いてくれるサービスを行うお店があるかと思われますが、こうしたマグカップも喜ばれますし、最近はネットの通販店の中に、商品への名入れサービスを実施しているお店もあるので便利です。

お祖父さんとお祖母さんそれぞれ1つずつ、孫が選んだマグカップに名入れをしてプレゼントすると喜んで貰えます。

箸は食事をする時には欠かせない道具ですので、毎日使って貰えるメリットもありますし、お揃いで購入すれば敬老の日のプレゼントにも最適です。

ネット通販店などでも購入が出来るので、お店に出掛ける時間がない時にも便利ですし、家のパソコンでお孫さんに選ばせることでお祖父さんやお祖母さんは孫が選んでくれたものとして大切に使い続けてくれるわけです。

百貨店や雑貨屋さんなどでも購入が出来ますし、こうしたお店の中には名入り マグカップもあるので、近所のお店に出掛けて事前に調べておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>