寒暖差疲労 症状

街路樹の木々の葉が、少しずつ色づきが始まっていて、冬が深まってきたことに気づく毎日ですね。

昼間は、日差しが暖かく過ごしやすくても、朝晩の肌寒さに、体調を崩している方がいらっしゃるかもしれません。

日ごとに気温が大きく変動したりすることもあり、なかなか体がついていけません。

この気温差で注意が必要なのは、寒暖差疲労ですね。

気温差が急激に大きくなることで、起こる体の不調。何をしたわけでもないのに、なんだか体が重く感じたり、疲れたり、肩こりなどの症状が現れます。

なぜこんな事になるのかというと、人間の体には体の中を維持するために調整する力があります。

周りが寒くなると、体は寒さから身を守ろうとして、急いで熱を作ろう、熱を保持しようとしてエネルギーを消費します。

そして、逆に周りが暑くなると、今度は急に体から熱を逃がそうとします。放熱するにも、エネルギーを使うので、気温が急変するとエネルギーがどんどん多く消費されてしまい、疲労が蓄積していきます。

気温の大きな変動は、知らず知らずのうちに、私たちの体に負担がかかっているのですね。

その寒暖差が約8度以上になると起こりやすくなると言われています。

(5度~10度という説もあります。)今の時期は、朝晩と昼との気温差は10度以上という日も多くありますので注意が必要です。

また、暖かかった翌日に急激に寒くなることもありますので、ゆだんできませんね。

その予防や緩和としては、これ以上体に負担をかけないように、重ね着などで脱ぎ着しながら、体温調節をすることが大切ですね。

これからの時期、特に体が冷えやすくなりますので、シャワーだけでなく湯船にゆっくりつかり温まることも特に効果的です。

冷たい飲み物も控えめにして、常温以上の飲み物をとることもいいでしょうね。
昔からの言葉に3つの首を温めると良いとありますが、ストールやマフラー、暖かな靴下などを活躍させるとよさそうです。体調に気を付けてお過ごし下さいね。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする