*

目元の乾燥小じわ・ちりめんじわを改善!原因と対策

公開日: : 最終更新日:2019/03/24 美容・健康

 

小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわができる原因とメカニズムとは
肌は、「小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわ」と呼ばれているものは、私達が直接触れる外側の層にでき、大きな深いしわは奥の層の働きが原因でできます。
ここでは外側の層の働きが原因でできる「小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわ」について解説しますね。

小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわは外側の層、図でいう角質層での変化が原因ですね。肌が乾燥すると、角質層にある角質がどんどんはがれてしまいますね。すると、角質層の中にある肌の潤い成分は蒸発してしまい、肌に隙間ができる…これが「小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわ」のできる過程です。この小じわをほっておくと、さらに乾燥が進んで大きな深いしわ(大じわ)へと進行していくので、すぐに対策をしましょう。

小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわはすぐにでも対策を!
小じわは、乾燥により潤い成分を失った結果だということが分かりますね。他の部分よりも皮膚の薄い目元や、皮膚を動かす頻度が高い口元などに、表れやすくなっていますね。気になる小じわが出ているということは、既に目に見えないレベルで肌全体にもダメージがあるということですね。
対策としては、肌環境全体と今のスキンケアの見直して、肌自体のベースを底上げすることです。即効性やコストパフォーマンスとして、ベストな方法だと思います。

肌環境全体を見直す
「肌は外側3割・内側7割」という言葉がありますように。つまり、小じわ対策はコスメだけでは不十分といえますね。
乾燥肌のかゆみにおすすめのクリームとか乾燥肌の原因と対策、ポイントは保湿では、乾燥の原因として「季節的な要因」、「生活習慣」、「間違ったスキンケア」、「食事・食生活」、「年齢肌」をあげています。
まずは、乾燥小じわを改善できるところがないか、普段の生活について振り返ってみましょう。あなたが普段していることでの、お肌に良いとは思えない習慣はないでしょうか?
例えば次にあげるような行動で、心当たりはありませんか。
「そういえば、いつもエアコンをドライにしたままだったとか」
「炭水化物やお菓子ばかり食べていて、野菜やたんぱく質不足」
「乾燥シーズンなのに、夏と同じスキンケアをしていたとか」
「睡眠不足が続いている」
大抵の方は、こうした原因を複数持っていますね。普段のちょっとしたことに気付き、少しずつ減らしていくことがとても大切です。また、普段の生活を見直すことで、今のスキンケアも見直すことに繋がります。
ちょっとした普段の習慣やクセを変えるだけで小じわを改善できるのであれば、すぐにでも取り入れたいですよね。
スキンケアを見直す
「間違ったスキンケア」をしていないかどうかの確認には、「今さら聞けない 正しいスキンケアの順番」の「正しいスキンケアの順番とは」で、「基本のケア」と「+αのケア」に分けて解説しています。

関連記事

私が実際にお聞きする事で間違ったスキンケア例を少しご紹介します。
「化粧水の後、すぐにメイクをしてしまっていたとか」
「乳液の必要性が分かっていませんでしたとか」
「肌には熱すぎる温度で洗っていた」(湯船より少し冷たい35~36℃位が適温です)
「基本のスキンケアって、こんなに数があったんですね!」
化粧水を使うなら、最低でも美容液か乳液のどちらかは欲しいものです。化粧水しか塗る時間がなければ、オールインワンジェルをするなどの工夫が必要です。このようにライフスタイルにあわせてスキンケアを選ぶことも大切ですね。
また、クレンジングは肌に合っているでしょうか?肌が乾燥しやすい化粧品を使っていませんか?「正しいメイクの落とし方で美肌にもどす方法を」確認してみましょうね。

関連記事

ちなみに小じわが気になる方には、使用時の摩擦や洗浄力のバランスを考えてミルクタイプのクレンジングをおすすめします。
こうしたことをしっかりチェックして改善しつつ、「+αのケア」として目元のケアをしてあげると、さらに早い変化を感じられるでしょう。

関連記事

キウイと腸揉みで劇的改善,克服する3つの習慣

女性にとって便秘は非常に大きな悩みとなっています。下腹部が張り痛みを伴うことも少なくないため、仕事等

記事を読む

効果的な美容法が分かる 運命数

綺麗になるための美容法をせっかく実行するなら、効率の良い方法を選びたいですよね。その時々の運気によっ

記事を読む

ひざ関節 痛み,改善方法,原因予防

ひざは体重を支える部分ではあるがゆえに、大きな負荷がかかっています。そのために激しい痛みを伴う関節痛

記事を読む

ダイエット 悩み

ダイエットは女性だけでなく男性にとっても興味のある分野です。痩せたい、自分の好きな服を着たいという美

記事を読む

夏バテ防止だけじゃないお酢の魅力

“お酢”は、美容や健康を促進・維持する効果が期待できる調味料で、古くから疲労回復のためにも活用されて

記事を読む

今旬バナナの健康パワー

バナナは天然のスイーツといってもいいでしょうね。砂糖を足さずとも元から甘いので、いろいろなデザートに

記事を読む

育毛剤 ヒト幹細胞,stローション

育毛剤を使用することで、頭皮環境を整えることができ、フケやかゆみを抑える、育毛にとっていい頭皮環境を

記事を読む

ケフィア たね菌 種菌 ヨーグルト

日々の生活をより快適に過ごすために必要なものはありますが、その中でも健康のことを考えると是非活用した

記事を読む

シミトリ-オールインワン

若いうちには気にならなかったシミやそばかすなどは、年齢が上がることによって徐々に目立ち始めます。そこ

記事を読む

マスクしても崩れにくいメイク術

マスクをしていると、メイク崩れに悩む方は多いと思います。短時間ならいいのですが、長時間マスクをつけた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仲良しカップルから喧嘩後の気まずさを解決するヒント

カップルなら必ず起こる喧嘩問題。ぶつかってしまった後は、彼と気まずい雰

冬はメンタル不調の季節元気な心をキープするポイント

秋から冬にかけては、「今ひとつ心の元気が出ない」「寝ても寝ても眠い」「

サンキューハザードをしなかったら、後続車からあおり運転を受けたとのSNSへの書き込みが増えている

合流路で道を譲ってもらった際にハザードランプを短く点滅させるいわゆる「

ウオーキング 脂肪を燃やす 適切な心拍数

今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日から

まつ毛 のダメージを加速させている? 三大NG

長く、太く、濃いフサフサまつ毛は、いつの時代も女性の憧れ。でも実際には

→もっと見る

PAGE TOP ↑