Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

目元の乾燥小じわ・ちりめんじわを改善!原因と対策

公開日: : 最終更新日:2019/03/24 美容・健康

 

小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわができる原因とメカニズムとは
肌は、「小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわ」と呼ばれているものは、私達が直接触れる外側の層にでき、大きな深いしわは奥の層の働きが原因でできます。
ここでは外側の層の働きが原因でできる「小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわ」について解説しますね。

小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわは外側の層、図でいう角質層での変化が原因ですね。肌が乾燥すると、角質層にある角質がどんどんはがれてしまいますね。すると、角質層の中にある肌の潤い成分は蒸発してしまい、肌に隙間ができる…これが「小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわ」のできる過程です。この小じわをほっておくと、さらに乾燥が進んで大きな深いしわ(大じわ)へと進行していくので、すぐに対策をしましょう。

小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわはすぐにでも対策を!
小じわは、乾燥により潤い成分を失った結果だということが分かりますね。他の部分よりも皮膚の薄い目元や、皮膚を動かす頻度が高い口元などに、表れやすくなっていますね。気になる小じわが出ているということは、既に目に見えないレベルで肌全体にもダメージがあるということですね。
対策としては、肌環境全体と今のスキンケアの見直して、肌自体のベースを底上げすることです。即効性やコストパフォーマンスとして、ベストな方法だと思います。

肌環境全体を見直す
「肌は外側3割・内側7割」という言葉がありますように。つまり、小じわ対策はコスメだけでは不十分といえますね。
乾燥肌のかゆみにおすすめのクリームとか乾燥肌の原因と対策、ポイントは保湿では、乾燥の原因として「季節的な要因」、「生活習慣」、「間違ったスキンケア」、「食事・食生活」、「年齢肌」をあげています。
まずは、乾燥小じわを改善できるところがないか、普段の生活について振り返ってみましょう。あなたが普段していることでの、お肌に良いとは思えない習慣はないでしょうか?
例えば次にあげるような行動で、心当たりはありませんか。
「そういえば、いつもエアコンをドライにしたままだったとか」
「炭水化物やお菓子ばかり食べていて、野菜やたんぱく質不足」
「乾燥シーズンなのに、夏と同じスキンケアをしていたとか」
「睡眠不足が続いている」
大抵の方は、こうした原因を複数持っていますね。普段のちょっとしたことに気付き、少しずつ減らしていくことがとても大切です。また、普段の生活を見直すことで、今のスキンケアも見直すことに繋がります。
ちょっとした普段の習慣やクセを変えるだけで小じわを改善できるのであれば、すぐにでも取り入れたいですよね。
スキンケアを見直す
「間違ったスキンケア」をしていないかどうかの確認には、「今さら聞けない 正しいスキンケアの順番」の「正しいスキンケアの順番とは」で、「基本のケア」と「+αのケア」に分けて解説しています。

関連記事

私が実際にお聞きする事で間違ったスキンケア例を少しご紹介します。
「化粧水の後、すぐにメイクをしてしまっていたとか」
「乳液の必要性が分かっていませんでしたとか」
「肌には熱すぎる温度で洗っていた」(湯船より少し冷たい35~36℃位が適温です)
「基本のスキンケアって、こんなに数があったんですね!」
化粧水を使うなら、最低でも美容液か乳液のどちらかは欲しいものです。化粧水しか塗る時間がなければ、オールインワンジェルをするなどの工夫が必要です。このようにライフスタイルにあわせてスキンケアを選ぶことも大切ですね。
また、クレンジングは肌に合っているでしょうか?肌が乾燥しやすい化粧品を使っていませんか?「正しいメイクの落とし方で美肌にもどす方法を」確認してみましょうね。

関連記事

ちなみに小じわが気になる方には、使用時の摩擦や洗浄力のバランスを考えてミルクタイプのクレンジングをおすすめします。
こうしたことをしっかりチェックして改善しつつ、「+αのケア」として目元のケアをしてあげると、さらに早い変化を感じられるでしょう。

関連記事

ダイエット 悩み

ダイエットは女性だけでなく男性にとっても興味のある分野です。痩せたい、自分の好きな服を着たいという美

記事を読む

年越し十割そばをに含まれる栄養素がすごい!

お蕎麦に含まれる栄養素がすごい! お蕎麦には、お肌にも欠かせない★たんぱく質★が12.1%と、白米

記事を読む

ハーブティー リラックス効果 デトックス

ハーブティーは優しい香りと有効成分により眠気を誘うため眠れない時に口にすると穏やかに眠りにつく事がで

記事を読む

寒暖差疲労 症状

街路樹の木々の葉が、少しずつ色づきが始まっていて、冬が深まってきたことに気づく毎日ですね。 昼

記事を読む

バナナの健康パワー

バナナは天然のスイーツといってもいいでしょうね。砂糖を足さずとも元から甘いので、いろいろなデザートに

記事を読む

頭皮マッサージで抜け毛や薄毛、顔のリフトアップを防ぐ

頭皮マッサージを行うことであらゆる効果を実感できるというのが、よく知られている事実です. 抜け

記事を読む

筋トレ・ダイエット・プロテインで肝臓や腎臓に負担も…正しい摂取方法

日本人の健康意識の高まりや筋トレ・トレーニングで、多くの方から注目を集めている“タンパク質”。なかで

記事を読む

冬は肌の乾燥季節

体温と外気に一番差が出る冬です これだけでも体は負担を感じているのに湿度も低い。 こ

記事を読む

筋トレ 食事法

一般的に筋トレのイメージとしては身体の見た目をよくするのが先行しますが、近年では筋トレは健康にとって

記事を読む

首シワ対策におすすめのコスメ&マッサージ

首のシワこそ年齢が出やすい部分ですが、ケアを忘れてしまいがちという方も多いのではないでしょうか。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今夜から明日かけてストロベリームーン

6月5日(金)夕方から6日(土)明け方にかけて見られる月は、「ストロベ

筋トレ・ダイエット・プロテインで肝臓や腎臓に負担も…正しい摂取方法

日本人の健康意識の高まりや筋トレ・トレーニングで、多くの方から注目を集

フルーツでシミ対策!美肌のために食べたい果物

美肌は女性の永遠のテーマですよね。美容の為に「フルーツ」を食べていると

買い物の回数減らす 備蓄に向く食材&アレンジレシピ

最近は、買い物の頻度が減ったり、ネットスーパーで約1週間分のまとめ買い

マスク肌荒れの原因&対策

『マスクで肌荒れをしてしまう』という人も多いのではないでしょうか。マス

→もっと見る

PAGE TOP ↑