ネコ家具 爆売れ 家族だから

猫ブームとともに、日本の職人の技を駆使した猫グッズに注目が集まっている。ベッドにソファ、猫ちぐらや手提げかご木や竹といった温かみのある素材を使った手作りで、精巧さは人間用と変わらない。数万~数十万円と高価だが、生産が追いつかないものもある。

家具のまちとして知られる福岡県大川市で7日に始まった約200社、約1万点の家具が展示販売される「大川木工まつり」の会場の一角。「かわいい」と言いながら携帯電話で写真を写す人だかりの先に、猫が使うための小さなベッドやソファ猫ちぐらや手提げかご木や竹が並んでいた。
大川家具の品質の確かさをPRしようと、1年前から市と家具業者が協力して作り始めたネコ家具です。

人間用の家具を猫のサイズにあわせてそのまま縮小し、職人が同じ材料、作業で作る。

数ある動物の中で、なぜネコでいこうと、猫は気まぐれでかわいく癒やし

ペットと言えば、犬とネコ、トリが真っ先に思い浮かぶと思います。犬は従順ですが、猫は気まぐれな可愛いイメージがあるかと思います。そんな気まぐれな猫をも満足させる家具や遊び心ができたらいいなと思ったため職人が作ったそうです。

ネコブームといえばなめ猫や猫じゃらしぐらいしか知らなかったのですが、うまいことブームにのっかってくれたようです。

国内外の反響は, 昨年10月にプロモーションをスタートして以来、動画の再生回数が27日現在59万回を超えており、188ヶ国地域の方々に閲覧いただいています。
また、市役所や業者にも、様々な国からメールでの問い合わせがあります。

昨年、先行してネコ家具を製造した2社についても、アジア・ヨーロッパなどの国々へ販売しています。

人間用の家具とどう違う?匂い・材質は?

ネコが爪で掻いても、丈夫なクッションや木を使ったり、最初から自然な風合いで、木に傷を入れたりしているメーカーもあります。

ネコの種類やサイズによって、飼い主の要望が変わってくると思うが、オーダーメイドは可能?

日本の職人の技で、大量に生産が難しいようで、要相談です。

今のところ、ネコです。ネコ以外は考えておりません。

ネコ家具を使用することで、ネコ自身もそうだが、飼い主たちもきっと癒されるに違いにゃい。素敵なペットライフを送るため、ネコを飼っている方は、ペットのための家具を検討してみてはいかがですか。

忙しい時には、猫の手も借りたいとの言葉があるように、猫の手を借りたようです。

第1弾【ネコ家具できました】篇 First [We made cat furniture] Version
スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>