キッチン 排水口掃除,方法

キッチンは毎日使う場所です。
毎日口にするお食事を作る場所ですので、衛生的にきれいにしておかなければなりません。
キッチンは美味しい食べ物の残りやむいた野菜の皮、食べた後の食器についた油汚れなどが集まっている場所ですので、虫や菌にとっては栄養の宝庫になってしまっています。

冬場はあまり影響はありませんが、やはり夏場に近づくと虫が湧いてきたりカビが生えたりする可能性が高まります。
このような状況の中で料理をすると、食中毒になりやすいので注意しなければなりません。
まずはお料理をした後にはきちんと洗い物を済ませるようにすることが大切です。
ついつい明日に回してしまう人もいますが、一日放置しておくだけでかなりの数の菌が繁殖してしまいますので注意しましょう。
キッチンの排水口の掃除の仕方は人それぞれですが、効果の高い掃除の方法があります。

排水口は誰にとっても苦手な場所です。
毎回掃除をするのが面倒で放置してしまうと、ぬめりや悪臭が発生してきてさらに嫌になってしまいます。
排水口には食べかすや野菜くずなどが溜まる仕組みになっています。
毎回ゴミ受けに溜まったゴミをきちんと捨てていたとしても、わずかに残っているゴミから雑菌が繁殖してしまうために汚れが出てきてしまうのです。
排水口をきれいに保つためには、やはり毎日の掃除が大切です。
毎回きちんとしているとそれほど負担になることはありません。
ゴミ受けのゴミを捨てて、中身をきちんと洗うだけですので短時間で片付けることができます。
しかし、毎日していても多少の汚れから悪臭やカビが発生してしまうことはあります。

それを防ぐためには、週1回排水口の隅々まで洗う必要があります。
直接触りたくない場合には、ゴム手袋やビニール手袋をすると効果的です。
ゴミ受けの細かい網目には、使い古した歯ブラシが有効的に使えます。
ゴミ受けの下にある排水トラップもたまにはきれいにしておきましょう。
ぬめりが溜まりやすいので抵抗があるかもしれませんが大事な場所です。

放置し過ぎてどうしようもできない場合には、プロの専門業者に頼むのも一つの方法です。
家庭でどうしても済ませたい場合には、重曹とクエン酸を使いながら掃除をすると効果的になります。
体や地球にも優しいですし、どこででもお安く手に入りますのでおすすめです。

少し手間がかかり、衛生的にもあまりきれいではない場所ですが毎日お手入れをしていくだけで違いますので頑張りましょう。ですが毎日お手入れをしていくだけで違いますので頑張りましょう。

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>