やつしろ全国花火競技大会

例年10月第3週の土曜日に開催され、熊本県八代市の秋の風物詩でもあるやつしろ全国花火競技会が今年も開催されます。北は秋田から南は鹿児島まで、全国の有名花火師がその技を競う八代市の球磨川河川緑地で行われる花火競技大会です。西日本で唯一の花火競技大会で、30ほどの花火業者が参加するハイレベルな戦いが見物となっています。

競技部門は5号玉、10号玉、スターマインがあり、九州の業者が5号玉とスターマイン、全国の業者が5号玉と10号玉の競技種目に参加します。競技進行は業者ごとに行っており、部門別ではありません。大会当日は花火の前に花火セミナーや物産展などの交流イベントも開催され、物産展では大会オフィシャルグッズとして、Tシャツやてぬぐい、お菓子などの販売も行われます。グッズの中には熊本地震の義援金付きのものもあるので、楽しみながら応援できるのがいいですね。なお、オフィシャルグッズは通信販売でも購入ができるそうです。

夕方からいよいよ花火が始まります。まずオープニング花火として九州の花火師がスペシャルワイドスターマインを届けてくれます。競技が始まる前には競技説明もあるので初心者にも安心です。競技の間には復興応援花火としてミュージック花火があり、音楽のリズムに合わせて花火が上がります。約6分間にわたって打ち上げられる花火は圧巻の一言です。

競技大会の様子は地元FMラジオ局にて実況生中継を行うので、観覧中もラジオがあるとより楽しむことができます。花火の紹介や解説だけでなく、周辺の駐車場情報や渋滞情報なども教えてくれるので朝から手放せません。有料の観覧席では、迫力のある花火を間近で堪能することができます。様々なタイプの観覧席が用意されているので、自分にあった席が選べるのも嬉しいです。花火の詳しい解説や玉名などを紹介しているプログラムも販売されますので、ラジオの生中継と合わせて持っていればより楽しめること間違いありません。

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>