プログラミング 小学生 プレゼント

現代人の生活に情報技術が浸透してきている上に、ニュース番組や新聞などでは2020年から小学校で小学生に対し必修科目として取り入れられるという報道が相次いでいるため、注目が高まっているのがプログラミングです。
しかし、導入に際して肯定的な見方がある一方で心配材料が多いという意見も根強いのですが、心配したり懸念してしまうのは小学生の両親もプログラミングについてわからないという方が多いためです。
また、必修科目化する事で小学生という早い時期からプログラマーを育成させる目的であると捉えている方も多い様子も懸念材料に繋がっています。

ただし、必修科目にする事により必ずしも将来のプログラマーを育成するという目的をもたせているわけではなく、国の機関は導入する意味についてプログラミングを学ぶ事により得られる特有の優れた考え方が習得できるためと公式に説明しています。

実際にコーディングをしてみるとわかりますが、ユーザーが記述しているコードに忠実に合わせてパソコンは指示された処理を行い、途中段階で入力ミスが発生していたり順番が間違っていると正しく処理が行われずにエラーが表示されますし、正しくない順番で処理が行われます。

そうした理論的な考え方は成長していく事につれて習得するのが難しくなってしまうため、最も良い学習材料になり得るプログラミングを活用して小学生の頃から身につけさせるという意味があります。
もちろん、プログラミングを組みソフトウェアやアプリケーションを開発したり処理を効率化させる事に楽しさややりがいを感じた場合は将来プログラマーを目指しても良いですし、慢性的に不足状態に陥っているエンジニアの安定的な確保にも繋げられます。

関連記事

そのような子供たちが学んでいくプログラミングの教材の開発についても競争が激化しており、あらゆる工夫をこらした教材が次々と誕生しているのですが、その中でも安定的に人気が高く夢中になれるのがゲームやロボットを使った学習です。
ゲームは一見すると教材には見えない娯楽を楽しむ事を目的にした作品のように見える程接しやすい様子になっており、まるでパズルゲームをしているような気持ちで次々と現れる問題に向き合いプログラミングの知識を使ってクリアを目指していきます。
ロボットを使用した学ぶ方法では、物理的に目の前に存在しているロボットに対し自らがパソコンでプログラミングをしていった通りに動作するため、プログラムがどのような作用と影響をもたらすのかが明瞭にわかりやすいです。

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>