つつじ祭り 日本で一番早い開花を迎える

毎年、沖縄県にある東村では、3月になると東村つつじ祭りが開催されます。

東村つつじ祭りでは、色とりどりの美しいつつじを観賞することができ、沖縄らしいイベントを楽しむことができます♪

毎年、3月上旬から中旬に渡って行われて、日本で一番早い開花を迎えるのが、つつじ祭りと言われています。

東村は、昔から、つつじやパインの名所だったというのはご存知でしょうか?

かつては、つつじの花は、東村の河川敷をはじめ、山や野原に自生していました。

いたるところに咲いていたつつじは、盗伐などによって、次第に少なくなっていきました。そこで☆もう一度、村のシンボルであるつつじを蘇らせたい☆

東村の気持ちや思いから、昭和51年(1976年)にたくさんのつつじが植えられてきました。

約6年かけて造成が行われて、昭和58年(1983年)に「第一回東村つつじ祭り」が開催されました。

つつじ園には、全部で約5万本のつつじが美しく咲き誇っており、今では、山原に春が来たことを知らせてくれるお祭りとして定着しています。

東村つつじ祭りは、県民の皆様に親しまれ今年で37回目を迎え、

沖縄の春の訪れを体感できる豊かな自然と、色とりどりの5万本のつつじの中で楽しむことができます。

☆3月9日(土)と16日(土)☆の両日は21:00迄、つつじ園では☆ライトアップ☆され、光り輝くライトに照らされたつつじは、昼間とは違った美しさがありますよ。

ライトアップの日は、音楽ライブも行われ、和太鼓やフルートの音色が、ライトアップされた会場に響き渡ります。
「光と音と幻想的な夜つつじ」を楽しむこともできます。

関連記事

また、 つつじ園からは東村平良湾やキラキラ輝く青い海と、広大なパイン畑が訪れる人の目を楽しませます。

東村つつじマラソン大会!

東村つつじ祭りの一大イベントとも言われているのが東村つつじマラソン大会です!

参加人数は、大体400人位で、そこまで大きくはありませんが・・

スタート地点から折り返し地点までは、海岸沿いを走るコースとなっているので、キレイな青い海を見ながら走ることができます♪

また、途中にある大泊橋からは、川、海、山の全てを眺めることができ、絶景スポットとなっていますよ。

東村つつじ祭り2019年のイベント情報やアクセスについてご案内いたします。

入園料
高校生以上 ☆300円☆  中学生以下 ☆無料☆
団体割引 200円 但し15名以上の人数を対象となります(高校生以上)
障害者手帳を提示された方及びその付添人方【1名】は、無料で入園できます。
開園時間
9:00~18:00
\\ つつじ祭り3月9日☆16日のライトアップは21:00まで開園 //

村民の森つつじ園位置図(沖縄県国頭郡東村字平良861-1)
自家用車やレンタカーで来られる場合は
○国道58号~名護市源河を右折、県道14号線の山を越え約8kmで東村字有銘へ。
有銘~8km北上しつつじ園(東村字平良)へ到着。 名護市源河より約25分
○国道58号・大宜味村宮城橋手前を右折、県道9号より国道331号に入り、東村字平良(つつじ園)へ到着。
大宜味村宮城橋手前より約15分。
○国道329号~名護市二見を右折し国道331号に入り、約20km北上するとつつじ園【東村字平良】へ到着。
名護市二見より約40分。
(2)バスでお越しの場合
名護バスターミナル(名護BT)~78番、73番のバスに乗り平良バス停で降車後、徒歩10分でつつじ園へ到着。

東村つつじ祭りは、人気のお祭りということもあり、バスツアーも多く組まれていますよ

沖縄県民に、親しまれている東村つつじ祭り。約5万本のつつじ幻想的な体験を楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>