ヒアロディープパッチほうれい線

マイクロニードルはパッチタイプの貼り付ける化粧品です。

近年こういったマイクロニードル化粧品が出てきています。
化粧品が進化していますが、やはり部分的な悩みにはこういったポイントケアできるアイテムはとても強いです。
関連記事
ヒアロディープパッチが注目されているのはいくつか理由がありますよ。
一つは販売しているメーカーさん。
北の快適工房というメーカーさんがヒアロディープパッチを販売しているのですが、ここの会社さんに、注目です。

ネット通販が主な会社だと思いますが、かゆいところに手が届くような商品を作るのがとても上手です。
化粧品や健康グッズ?アイテム?が多い会社さんなのですが、他にはないような商品展開で商品が多いんです。

二十年ホイップ、アイキララ・肌潤糖・クリアネイルショット・ケアナノパック・・・

私は北の快適工房さんの化粧品や健康アイテムをいくつも持っていて使っていますよ^^
【ケアナノパックやクリアネイルショットは使ってますよ!】

北の快適工房さんから化粧品が発売されたヒアロディープパッチについて、何がスゴイのか、どういう人におすすめなのか、実際に使った口コミなどを紹介していきます。
口コミでも評価が高いのです、マイクロニードルパッチということで針のようなものを刺すなんて危険はないの?ということも含めて書いていきます。

ヒアルロン酸でできた細い針で、マイクロニードルが沢山生えた(ように見える)シートを貼り付けて使うという化粧品です。
関連記事
顔に貼り付けるタイプの化粧品のシートパックがあります。
目元や口元に使う部分用のシートパックも増えてきていて、そういう商品は年齢サインが気になりだした世代にとても人気があります。

☆ヒアロディープパッチは部分用のシートです。顔全体なく年齢サインが気になる部分にペタット貼れるように設計されています。
一瞬見た目の形状は似ていますが、普通の部分用パックとヒアロディープパッチでは全然違います。

以前は私も顔全体に貼り付けるシートパックを使用して感じでしたが、目元のくすみやクマ、そしてほうれい線が気になるようになってから部分用シートパックを使うことが増えています。また、そのよさも実感するようになりましたよ^^

部分用シートパックのようで形状のヒアロディープパッチに対しては先入観はなかったのですが、やはり気になったのがマイクロニードル。

「針を刺す??どういこと??」といい意味でも悪い意味(というかこわい意味?)でも気になったのです。

ヒアロディープパッチが他のマイクロニードルパッチと比べてスゴイ事は医学誌にも掲載されたという所です。
公式サイトに掲載されていますが、日本有数の医学誌『医学と薬学』に掲載されたそうです。

普通の化粧品で医学誌に掲載された、というのはどう考えてもすごい事ですよね。驚きました。

マイクロニードルを使ったこういったパッチというかシートというかパック、少しずつ増えてきています。
マイクロニードルという針のようなものがシートに張り付いてそれを肌に付けると刺ささります。

肌に刺さると聞くとなんだかこわい感じですが汗
そのマイクロニードルはヒアルロン酸で、そのまま溶けます。

なんか痛そうだったりこわいイメージが強いと思いますがその点は大丈夫。
とは言え本当に痛くないの?大丈夫?危険はないの?と不安に思う人も少なくないかと思いますので、
実際にヒアロディープパッチを使っている人の口コミでそのあたりを注目してまとめてみたいと思います。

話が少し脱線しましたが・・

ヒアロディープパッチはそうやって刺して使う構造のため、効率がとてもいいんですよ♪

肌表面にアプローチできるのが化粧品だとしたら(肌の上に塗るという形ですからね)
マイクロニードルはその分肌の内側にアプローチできるという所が新しいですし効率がすごくいいんですね。

部分的に使える、気になる部分に集中的に使えることでとても人気のヒアロディープパッチは
ほうれい線・目の下などたるみ・シワなどが気になる、特に年齢が出やすい場所に使う人がとても多いですよ。

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>