選びたいファンデーションのポイントとは?

乾燥肌の方は、リキッドファンデーションがおすすめです。
リキッドファンデーションは液体性。乾燥肌の人でも化粧ノリがいいという特徴があります。

リキッドファンデーションは、よれがあまりない
リキッドファンデーションのあとに、フェイスパウダーをはたいておくことで、化粧崩れヨレが起こりにくくなるというメリットがありますね。

肌の負担は、パウダーファンデーションの方が軽いです。日常使いやパウダーなど、種類を使い分けることで肌の負担を軽くできますよ。
ファンデーションが、大きく分けて「パウダーファンデーション」と「リキッドファンデーション」の2種類のことは、ご存じのことでしょう。

2種類の特徴の違いや、メリットデメリットについては、どれくらい知っていますか。いろいろ違いを把握しておくことで、自分自身に適したファンデーションを選べるようになりますよ。

メーカーや製品によっても異なりますが、一般的に、リキッドファンデーションは乾燥肌の人に適したファンデーションとなります。液体性のため、パウダーファンデーションのように肌につけたあとの粉を吹くということもなく、化粧がノリやすいという特徴があるのです。

リキッドファンデーションは、化粧が崩れにくいという特徴もありますね。ファンデーションを肌に塗ったあとに、フェイスパウダーをきちんとはたいておくことで、ヨレにくく、崩れにくくすることが可能になるのです。

パウダーファンデーションは、粉浮きの心配や化粧崩れという点においては、リキッドファンデーションが好みだという方もいるでしょう。

化粧後は、肌の仕上がりも、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションとでは違いが見られます。リキッドファンデーションは「しっかりメイクをしたようなマットな肌質」になり、パウダーファンデーションは、よりナチュラルメイクに近い肌に仕上げることが可能です。

液体と粉という特性上、カバー力もリキッドファンデーションのほうに軍配が上がります。シミをしっかりカバーすることができますね。肌全体をフラットに整えられるため、毛穴レスの肌を演出することができるのです。

リキッド・パウダーファンデーション比較して見ると、リキッドファンデーションの方がいいのかも、と思われるかもしれませんね、リキッドファンデーションにもデメリットがあります。リキッドファンデーションは、パウダーファンデーションよりも、肌に負担のかかる成分が多く含まれているので、敏感肌の人には刺激が強すぎることがあるということ。

人によっては肌トラブルを発症することもあるため、肌の弱い人は気をつけることが必要でしょう。

また、パウダーファンデーションは肌の上にふわっとつくイメージですが、リキッドファンデーションは、毛穴にまでしっかり付着するという特徴があります。そのため、クレンジングを行なう際は、パウダーファンデーションよりも念入りに化粧そを落とすように意識をすることが必要です。化粧成分が肌に残ってしまうと、あとあと肌トラブルにもつながってしまう可能性があります。しっかり肌のカバーができる為、しっかり落とすことが大切です。

また、化粧での手軽さにも、パウダーファンデーションとリキッドファンデーションとには違いが見られます。

一見両方手軽に見えますが、パウダーファンデーションに比べ、リキッドファンデーションは、意識をしていなければ、ついつい厚化粧になってしまいがちだというデメリットがあります。厚塗りになると、その分顔の印象が重くなります。明らかにメイクをしている。肌になってしまいます。

「キレイな肌」という印象は、「ナチュラルさ」から生まれてきます。そのため、いくら欠点をカバーできるからといって、厚塗りになってしまうことは避けたいですよね。

リキッド・パウダーの特徴を踏まえて、特別なときにリキッドファンデーションでしっかりとしたメイクをし、日常使いではパウダーファンデーションで肌にやさしいナチュラルメイクを心がけるなど、ファンデーションを使い分けることがおすすめです。

ファンデーションによっては、パウダーファンデーションですが乾燥肌に強い特性を持っているものなど、各ブランドが工夫を凝らした商品を開発しています。そのため、一概に、乾燥肌だからパウダーファンデーションは向いていないと言えるわけではありません。自分の肌質や肌色に合ったファンデーションを、メリットデメリットを考慮して選びたいものですね。

40、50代が選びたいファンデーションのポイントとは?
①薄付けでもしっかり! カバー力
気になるところが多くなる40、50代の肌。とはいえ、厚塗りになると老けた見た目に…薄くつけてもカバーできるファンデーションがおすすめです。

②乾燥肌対策に! 保湿成分の充実さ
年を重ねるごとに、お肌の水分量は減少していくものです。ベースメイクでファンデーションも、保湿成分が入っているものを選びたいですね。

③いくつになってもUV対策は大切!
何歳になっても、日焼け対策はきちんと施したいですよね。UV対策ができるファンデーションを使うと、いつでも日焼け対策ができますよ。

シェアする

フォローする