モンスター井上尚哉!世界の頂点への道!WBSSバンタム級トーナメント準決勝!2019年5月18日(日本時間19日)

『☆.。WBA世界バンタム級王者・井上尚弥☆
vs ☆IBF王者エマヌエル・ロドリゲス☆.。』

ボクシングファン・格闘技ファンには見逃せない一戦が英グラスゴー
で開催されます。開催日の日程が発表されるまでの期間いろいろな
情報が流れていましたが正式に発表されてからは両陣営戦闘モード!

『下馬評は井上有利!5ランド勝負!』

当初から井上のオッズ【1.57】(オッズとは見込み確率)ロドリゲスは【6.00】
予想確率だけ取り上げれば井上尚哉選手の圧倒的な勝利で終わる。
スポーツの世界に『絶対は無い』これは誰もが認識してはずです。

5ランド勝負を予想する方はロドリゲス選手のスタミナを取り上げて
5ラウンド、15分間の勝負と見ている様です。
プロスポーツに置いて専属トレーナーの存在は皆さんご存知だと思います。

選手の弱点は、この専属トレーナーが一番知っているのをご存じですか!
なのでロドリゲス選手はスタミナ強化は必ずして来ます。
でも早いラウンドでの勝負になるでしょう。

『スタミナ強化トレーニング』

ロングスローディスタンスって聞いたことありませんか?
このトレーニング方法を簡単に説明するなら『ゆっくり長く走る』だけ
心肺機能を高めたりスタミナを付けることに効果があります。
これぐらいの常識なトレーニングはトレーナーは誰もが知っていること
だから間違いなくロドリゲス選手もパワーアップして試合に臨むと思わ
れます。

『井上選手が負けるとしたらどんな原因が!』

生活のライフスタイルの変化・トレーニング後の体調管理・環境適正
常に日本で試合をする選手は、日常生活ライフスタイルに変化があり
ません。生活でのストレスが無いこの点は実は非常に大きいんです。
どんな良いトレーニング・準備しても会場入りつまり英グラスゴー
にどのタイミングで入るかが一番重要だということです。

言葉の障害や、グラスゴー内でのトレーニング環境(練習環境)です。
本当に日本は平和な国なんです。でも一歩日本を離れればいかにして
日本が便利で暮しやすい国かが良く理解できると思われます。

『井上17戦 17勝 (15KO) 無敗・ロドリゲスは19勝(12KO)無敗』

この準決勝が事実上の決勝と言う人もいます。勝率はお互い100%です
聞いた噂だとIBFルールで行われると聞きましたが、これが本当ならば
前日計量の他に当日計量もあると言うことです。つまり井上選手は経験
が無い計量準備ではないでしょうか?

私も大のボクシングファンなので☆井上選手には、ロドリゲス選手にも勝利し
世界の頂点の頂に上って欲しいです。
ロドリゲス選手も本当に素晴らしい選手なので私は下馬評通りには進まない
と思っています。
オッズはオッズ、競馬と一緒でファンが付けた人気投票であって一つの確率
だけの話です。試合はフタを空けるまで分かりませんね。
私達は夢のカードを見れることに感謝して試合を楽しみましょう。

関連記事

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>