2018年のドラフト会議

ドラフト会議前日、巨人原辰徳が大阪桐蔭・根尾昂をドラフト1位指名すると発表。「1位は何があっても根尾君と決めた。基本的にはショートですが、本人が投手をやりたいということなら、彼の意向に沿う。」と二刀流を容認

また、23日にはヤクルトが根尾を1位指名すると明言。山田哲人との二遊間も。小川監督「将来的に間違いなくヤクルトの中心選手になってくれると思う。球団としては野手1本で考えています」と語る。

球団最速で1位指名を公表した中日は、地元飛騨の中学時代からマークしており、白井オーナーからも「地元出身のスター候補は絶対に獲得せよ」と号令。

ロッテは大阪桐蔭・藤原恭大を1位指名すると公表 大阪桐蔭井口資仁監督はの藤原君を1位で行かせてもらうことになりました。走攻守3拍子そろった選手。将来のマリーンズを背負ってほしいとコメント。

報徳学園・小園海斗について、オリックスとソフトバンクが10月24日、ドラフト1位指名を発表。王球団会長は「もうとにかく今年は小園選手でいくということですね。スカウトの評価がすごく高いし、運動能力もあり、守備がうまいし、肩もいい、バッティングもいいということで」とコメント。

昨年、早稲田実業の清宮をドラフト1位指名し、交渉権を獲得した西武ライオンズ。くじを引いた木田に「左手で行け」とアドバイスし、「名誉師匠」との肩書きを持つ明石家さんまがすでに西武を訪問。西武の「くじ運」にも注目だ。
夏の甲子園準優勝でフィーバーを巻き起こした金足農業の吉田輝星がプロ入りを表明するまでの葛藤を独占告白へ。

当初は、大学進学を希望していたという父へ、その強い思いを訴えた息子。母が思って取った行動と息子へのアドバイス。取り巻く環境と周囲の目、家族の戸惑いなど、プロ入り表明までを打ち明けるという。

番組では、金足農業・吉田輝星がプロ入り表明までの葛藤を独占告白へ吉田と両親の証言を元に、吉田家の苦悩と葛藤の日々と、プロ入りを決断するに至るまでの家族愛を再現ドラマも交えて放送される。

ドラフト会議2018は新監督たちの初めてのおお仕事となりそうです

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>