ダイエットメニュー

ダイエット中はある程度の食事制限をする必要がありますから、目標体重になるまでは食べたいものを我慢することも必要です。カロリーオーバーは厳禁ですが、常に低カロリーで栄養を考えない食べ方は賢いとは言えません。

過度に栄養を無視して食べないと体重は減ったとしても、素肌にツヤとハリが無くなってきますし、コシのない毛髪になってしまいますが、まさしくタンパク質不足のサインです。

ダイエット関連記事

食生活はバランスが大事なのに極端に減ると、見た目にも問題が出てきてしまうので良くはありません。お肌をプルプルに保つために必須のコラーゲンも、もとをただせばタンパク質より構成をされているため、不足をすることで弾力維持に必要なコラーゲンが減るばかりです。

だからこそ意識したいのがダイエット中に何を食べるかであり、適度にタンパク質を含んだ人気レシピを参考にして食事をすることができます。

ダイエット関連記事

豊富に含む食材としては豆に大豆製品や魚介類、肉に卵や乳製品などがあるので、普段の食事に取り入れやすいです。特に豆製品は日本人になじみ深い、納豆や頭部に大豆などですから、ダイエット期間でも美味しく取り入れることができます。

簡単で美味しいメニューとして、ヒジキと大豆の煮ものも意外と簡単であり、ダイエットに欠かせないミネラルをヒジキはもつ食材です。

だし汁をたっぷり使い、醤油と煮るだけなので簡単にできます。ダイエット機関医は強い味方となるのが鶏のささみであり、ほうれん草とつくるお浸しも人気です。

茹でた鶏ささみをほぐして、サッと湯がいたほうれん草と、だし汁や醤油に塩コショウで絡めるだけで出来上がります。鶏ささみに塩コショウをして、おろしにんにくも混ぜて小麦粉をまぶし、オーブントースターでカリカリになるまで役だけです。

油を使って揚げたり炒めたりしないので、カロリーをその分だけ大幅にダウンできます。卵も質の高いタンパク質の宝庫であり、薄味を染み込ませた味付け卵も、人気が高いレシピです。ゆで卵を作ったら、だしと醤油にみりんを入れたファスナー付きの調理用保存袋へ、卵と共に入れて冷蔵庫で1日保存をしたら完成なので簡単にできます。

ダイエット関連記事

多価不飽和脂肪酸のDHAやEPA、脂溶性ビタミンも豊富な魚もタンパク質の多いダイエットに味方の食材です。焼くだけですぐに食べられますが、よく噛んでゆっくり食事をして、満足感を出すためにも、魚は骨付きをあえて選ぶようにします。味付けをするなら、醤油などを軽くかける程度にして、塩分の過剰摂取には要注意です。

シェアする

フォローする