Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

ゴーヤの見分け選び方 レシピ

公開日: : 人気

新鮮で苦味が少ないゴーヤの見分け選び方

色が薄い,色が濃い方がよいゴーヤとされていますが、苦味は色が濃いほど強いとされています。薄い緑のような、ちょっと白っぽいものを選ぶほうが苦味は弱いです。

ゴーヤの表面には沢山のイボイボがあります。このイボイボが大きめでびっしりと覆われているものが苦味が少なくて食べやすいものになります。

暑い日に美味しい、ゴーヤチャンプルーを冷たいおひたしにアレンジしました。 火を使わずに、豆腐とゴーヤとトマトをサラダ仕立てにして混ぜ合わせたレシピです。

炒めた卵を冷まして加えるアレンジもオススメです。

調理時間:15分

材料(2人前)
ゴーヤ1/2本
ツナ (70g)1缶
トマト (中)1個
木綿豆腐170g
①塩こしょう小さじ1
①しょうゆ小さじ2
①ごま油大さじ1
①顆粒和風だし小さじ1
かつお節2g

作り方

木綿豆腐を水切りします。

1.

ゴーヤを縦半分に切り、ヘタとワタと種を取り、3mmの薄切りにします。

2.

トマトのヘタを取り、横半分に切り種を出し、3mmの薄切りにし、木綿豆腐を食べやすい大きさに切ります。

3.

ポリ袋に1と①を入れてよく揉みます。

4.

ボウルに2と3とツナを入れてよく混ぜ、ラップをして冷蔵庫で30分位冷やします。

5.

器に盛り付けてかつお節やゴマをかけて出来上がりです。

料理のコツ・ポイント

ゴーヤのワタと種をしっかりとスプーンなどで、取ると苦味を多少抑えられます。
木綿豆腐を使用していますが、島豆腐を使うとさらに雰囲気が出ます。
ツナの油分や水分も味付けの1つとなるのでそのまま使います。

苦味が少ないゴーヤに慣れてくると、苦味が強いものも食べられるようになります。ぜひお試しください。

関連記事

大人の習い事

子供の頃にピアノやサッカー、バレエと習い事をしていたという方は多いでしょう。子供の頃にやっていたから

記事を読む

9月旅行おすすめ

まず国内旅行だが、一番適しているのは九州です。 特に長崎旅行はとても魅力的なのです。 ハウス

記事を読む

人をだめにするベッド

「人をダメにするベッド」――。その不思議な名前の商品が登場したのは2014年1月の頃でした。

記事を読む

さくら名所100選 静内二十間道路桜並木【北海道】

今年も桜の季節が近づいてくると思いだします。 卒業式に告白した彼女を…イヤ!桜並木です。 見

記事を読む

都道府県の魅力度ランキング2018

都道府県の魅力度ランキング2018 毎年、順位をめぐって全国各地で様々な論争を巻き起こしている都道

記事を読む

玉木宏さんと女優木南晴夏が結婚

俳優玉木宏さんと女優木南晴夏さんが結婚することが木南さんの事務所が事実と認めました。 2人はフ

記事を読む

八甲田山 紅葉狩り

青森県の青森市の南方向にそびえ立っており、日本百名山に指定されている1548メートルの雄大な山々が八

記事を読む

英会話 nhk遠山テキスト

英会話は、生活の中で必要なものになってきています。日本は、外国の影響を大きく受け始めておりますので、

記事を読む

熱中症対策に冷感インナー

暑い夏のシーズンを乗り切るために、多くの人が冷感インナーを利用しています。様々な種類の冷感インナーが

記事を読む

ワールドトリガー

テレビアニメ化もされた葦原大介さんの人気マンガ「ワールドトリガー」が、29日発売のマンガ誌「週刊少年

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ポツンと一軒家が圧倒的な支持を集める

日本全国の人里離れた場所にポツンと存在する一軒家、実際の見どころは、そ

LINEで告白SNS 恋愛 出会い系 事情

最近の恋愛には、スマホやSNSが必要不可欠となっている。10代がSNS

わたし、定時で帰ります

現在放映中のドラマ◇わたし、定時で帰ります。◇長時間労働などパワハラか

マツコの知らない世界SP・タピオカドリンクの世界・ちくわぶの世界・展望スポットの世界

「タピオカドリンクの世界」には、就職するか、タピオカを仕事にするかで真

大谷効果を全米メディアも手放しで賞賛

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が、現地14日の、ミネソタ・ツイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑