日焼けケア

美容の大敵、日焼けは、冷やす・保湿・水分補給の効果的なアフターケア方法を知れば紫外線ダメージを最小限に抑えて美白を取り戻せます。

NGケアや日焼けの種類、美白に有効な食べ物、正しい日焼け対策まで、うっかり日焼けした人必見諦めないで

うっかりUVケアをおろそかにしてしまった」「思ったよりも日焼けしてしまった」…そんな時は今すぐケアすることが大事。日焼けは美容の大敵ですが、日焼け後3日以内に肌に正しいケアをすることで、肌への影響を最小限にすることができます。

効果的なアフターケアの3原則は 冷やす・保湿・水分補給をし、日焼けした肌は軽いやけどと同じ状態になっています。炎症が起きているので、シャワーなど冷やして火照りをとることで炎症の進行を防がなければなりません。

そのままにしておくと腫れることや炎症もあるので、まずはとにかく冷やしましょう。冷たいシャワーを浴びる・保冷ジェルを当てる・氷水で冷やした濡れタオルを当てるなどの方法がありますが、氷などを直接当てると皮膚組織にダメージを与えてしまうので、タオルで包むなどして調節してください

またこすると痛みや皮膚に負担をかけるので、タオルなどを当てる時は優しく抑えるようにしましょう。

冷やす時間は日焼けの程度によって異なりますが、火照りがおさまるまで冷やすことが大切です。

日焼けした肌は水分が奪われ乾燥している状態なので、火照りが落ち着いたら、しっかりと保湿をしてその後の肌トラブルやシワなどを防ぎましょう。

保湿化粧水やできれば日焼けした肌のために刺激の少ないを使います。

ビタミンC誘導体配合の特徴は、抗酸化作用、新陳代謝を促す作用、色素沈着を防ぐ作用などの美白系化粧水は、日焼け直後の肌には刺激が強すぎるので、1~2日たってから、肌の状態が落ち着いてから使います。
顔・シミソバカスを予防する
日焼けから1〜2日経って肌が落ち着いてから、シミソバカス予防のために美白ケア効果のあるコスメが効果的。美容液やホワイトニングマスクやコットンパックもオススメです。

またコットンにたっぷりの低刺激化粧水を含ませて肌に乗せる、コットンパックもオススメ。これは日焼けした当日にもできるの早めのケアがいいですね

皮膚がとても薄くデリケートな唇、日焼けして黒くなることはありませんが、紫外線で乾燥によって荒れやすくなります。唇パックでケアしましょう。

足は体の中でもターンオーバーに時間がかかりやすいと言われていて、日焼けした肌が元の状態に戻るのに時間がかかります。

またムダ毛処理や脱毛などで目に見えない傷がたくさんついており、その部分が日焼けすることで残りやすくなることも。

足も顔や腕同様に日焼け予防アイテムを使ってケアを行うことが必要です。

日焼け予防はもちろんですが、肌を冷やす・保湿・水分補給の3つのステップでなるべく早く肌を元の状態に戻すことができます。

色々なアイテムを取り入れることでシミやソバカス、しわを少しでも防げますから、上手に活用したいですね。

日焼けすぐのケアが決め手ですから、絶対に放置せずすぐのアフターケアで美白肌を取り戻しましょうね。

シェアする

フォローする