地震対策30点避難セット

近年ではさまざまな災害により大きな被害がでてきます。そのため、災害に対して個人でもある程度備えをしておくことも必要です。特に、地震などはいつ起きるか予測が難しく、揺れが大きい場合には停電、断水、道路などの陥没や液状化などにより都市の機能がマヒすることもあります。住んでいる住宅も亀裂が入る、屋根瓦が落ちる、最悪な状況としては家がつぶれてしまうなどの被害も想定されます。

このような地震に対しての対策として、家具の転倒をしないように壁に固定するなどの対策も重要ですが最も重要なことは、避難をする際に持ち出せる食料や飲料、一時的な避難でも数日間持ちこたえられるような防災グッズです。ネット通販などでは、さまざまな防災、避難セットなどが販売されているため、自身が避難しなければならない状況になり、しばらくその装備があれば生きることができる内容のものを選ぶといいでしょう。避難セットもさまざまなタイプもありますが30点避難セットなどの場合には、必要なものが一通りそろっているため購入しておくと、いざという時に助かります。

また、一人暮らしであるか、他にも家族がいるのかによって必要な装備や食料や飲料などの備蓄も考える必要がでてきます。人数分に不足してしまえば、避難所にたどり着かに状態や支援がすぐにこないなどの状況になるとかなり窮地に立たされることになるでしょう。そのような状況である程度持ちこたえられるように、家族ともよく相談しておきしっかりと人数分の備蓄を備えておくことが大切です。

また、災害が起きたときにあわてずにすむように、あらかじめ避難する場所などもチェックしておく、家族がバラバラになった時の集合場所など話し合って決めておくことも重要なポイントといえます。災害時に常に冷静な行動がとれるとは限りません。パニックになり家族がバラバラになってしまうこともあるでしょう。スマートフォンなどがあれば連絡を取り合うこともできますが、災害直後は電波の乱れやネット回線にアクセスが集中しまともに使えるとは限りません。

そのため、連絡を取り合わなくても決めた場所に集合するということを話し合いで決めておけば、連絡がつかなくても家族がその場所に最終的に集まることもできます。このように、災害が起きてから対策をするのではなく、普段から災害が起きた際にどのように行動するのか、備蓄や持ち出すものなども決めておき災害に常に備えておくことが大切です。

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>