東京ドイツ村

東京ドイツ村は、千葉県袖ケ浦市にある花と緑のテーマパークです。広大な敷地内には自然があふれ、観覧車やコースターなどを楽しむことのできるアトラクションのエリアや、かわいい動物たちと触れ合うことのできるこども動物園、さらにはきれいな花の咲くフラワースポットや野菜や果物の収穫体験など、様々な体験を一度に味わうことができ非常に人気を上げています。

さらには冬になるとウィンターイルミネーションも開催され、特にこれを求めて冬の時期には多くの人が訪れます。
東京ドイツ村では、11月1日から3月31日までウインターイルミネーションが開催されています。

毎年テーマが異なり、2018年のテーマは大冒険となっています。昼間は自然があふれのどかな雰囲気を醸し出している園内ですが、それとは対照的に夜となると約250万個のLEDや電球が使われた幻想的な光の演出を見ることができ、圧巻の光景と言えるでしょう。

東京ドイツ村は関東三大イルミネーションと呼ばれるもので、人生に一度は見ておきたいものの一つと言えます。その中でもおすすめのものの一つが3Dイルミネーションです。園内には様々な建造物がありますが、これをうまく利用して、多くの光を駆使して立体的な世界観を演出します。伝説の都市やきれいなお花畑が表現されていて、まるで夢を見ているかのような幻想的な雰囲気を望むことができます。

もちろん間近で楽しむのもよいですが、展望デッキからは全体を見下ろすこともできるので、その迫力が実感できることでしょう。そして全長70mにわたり虹のようにきれいな電飾が施されている虹のトンネルもお薦めです。

トンネルをくぐればアーチ状に暖かい光に囲まれて、まるで別世界を歩いているかのような雰囲気に包まれます。近年ではこのトンネルのイルミネーションが各地でも見られるようになりましたが、これを試みたのは東京ドイツ村が初めてだと言われています。

このような貴重なスポットはぜひとも体験しておきたいところです。最後に光と音のショーも必見です。様々な曲に合わせ電飾が変化し、見ごたえ満点のショーと言えるでしょう。

レストランやショッピングストアのあるマルクトプラッツで開催されます。昼間でもかわいらしい街並みを楽しむことができますが、電飾が飾られ音楽が流れ、その変化を楽しむのも一つのおすすめポイントです。

楽しい仕掛けも存分に用意されているため、光と音のエンターテインメントショーをぜひとも楽しみたいところです。

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>