一重 奥二重用 ビューラー

日本人のまぶたの多くは、一重の特徴を持っている方がかなり多いと言われています。一重まぶたもチャームポイントとして活かすメイクをする女性なども多いですが、やはり芸能人やモデルなど雑誌やテレビで活躍している女性の多くは、ぱっちりとした二重まぶたで、目元に深みのある仕上がりが特に人気があります。

一重まぶたの他にも奥二重など、二重の方でも目元がぱっちりとなりにくい特徴を持っている方も多いので、アイメイクをする際にポイントメイクの方法に悩んでしまう方は少なくないのです。少しでも魅力的な目元を作る方法として、一重や奥二重用のアイメイク用品として一番人気が高いのが、二重化粧品やビューラーを利用する方法です。

特にビューラーは自前のまつげをしっかり専用器具で挟み込むことによって、まつげを上向きにカールさせることが出来る効果があります。ただ市販されているビューラーには、一重と奥二重用の専用タイプが販売されているので、自分もまぶたの状態に合わせて適切なアイテムを購入することが重要になります。ビューラーを選ぶポイントとしてまずチェックしたいのが「横幅の広さ」です。

目頭から目尻まですべてのまつげをしっかりキャッチするためには、横幅は狭すぎず、広すぎないアイテムを選ぶことがポイントです。

次が「正面から見たカーブ」です。切れ長目や一重の方はカーブが平行ぎみ、二重やくりっとした丸い目はカーブが丸い傾向があるため、アイテム選びをする際には直接正面から見て、自分のまぶたにあっているのかチェックするようにしましょう。さらに目の奥行きのカーブも見る事も大切です。サンプル品などがあれば実際にあててみることをおすすめします。

最近では一重、奥二重の方専用のビューラーも登場しており、まぶたのカーブではなく眼球のカーブに合わせて設計されているので、アイホールにしっかりフィットするメリットがあります。奥二重などまつげが奥に隠れてしまいがちですが、このアイテムなら根元からしっかりカールさせることが出来るので、ぱっちりとした目元を作ることが出来ます。

まつげのカールは時間が経つと下に落ちてきてしまうという悩みをお持ちの方は多いです。そんな時には、まぶたに生えているまつげを三段階に分けてカールさせていき、根本からまつげ下地で上に持ち上げるようにしっかり塗ります。
そうするとマスカラなども綺麗にのりますし、何よりカールを長時間維持出来るようになります。

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>