Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

長野節 全開の爆笑入団会見

公開日: : スポーツ

巨人へFA移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償として広島入りした☆★長野久義外野手(34)が23日、マツダスタジアムで入団会見に臨んだのは。赤ネクタイで登場した主役は、早速☆★チョーノ節が☆★全開です。爆笑トークでは場を盛り上げ、新天地で満点スタートを切りました。

緊張か、それとも計算だったのか…。長野が第一声で広島を明るく照らしました。会見場にはテレビカメラ11台、約50人の報道陣以上が集結し。カメラフラッシュの嵐で迎えられたこの日の主役は「このたび、カープ球団にお世話になることになりました、長野です。よろ△※$*ます!」とあいさつした。しかし、なんとも締まらない。ここで報道陣に向けに「あ、かんだんでもう1回いいですかね?」と要求すると、会場は大爆笑となった。

これでつかみはOK。「レギュラー争いを勝ち抜いて、開幕からしっかりと試合に出られるように頑張りたい」と真面目に意気込むと、質疑応答を経て背番号5のユニホームに袖を通してのフォトセッション。ここでも長野のサービス精神がほとばしるなか。求めに応じては次々とポーズを決めつつ、途中で「どうですか~?」とカメラの画面をのぞき込んで自ら映り具合を確認し、またひと笑いだ。

この日、長野の胸元を飾っていたのは真っ赤なネクタイだった。カープを意識しましたか、との質問は「もちろんです」と応じましたが、そこには一瞬の間がありました。サプライズ好きの長野。実は今回の会見には別色のネクタイの色で登場するつもりでいた。「赤でもいいんですが、僕なりのメッセージをちょっと赤に込めたいなと。『カープのみんなと日本一に』という意味で、あえてゴールドにしようかと思っているんです」。ところが、いざネクタイ探しに向かうとすると運悪く金色は品切れだったという。

ささやかなサプライズは不発に終わってしまったが、すでに赤く染まった長野が目指すのは黄金の頂点しかないですね。

関連記事

エンゼルス大谷翔平

2018年からエンゼルスでプレイする事になった大谷翔平選手はエンゼルスにおいても投手と野手の二刀流と

記事を読む

大谷効果を全米メディアも手放しで賞賛

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が、現地14日の、ミネソタ・ツインズとの試合で4打数3安打1打

記事を読む

手越祐也NEWSがFIFAクラブワールドカップのキャスター就任 テーマソングNEWS(SPIRIT)に決定

手越祐也NEWSが12月12日アラブ首長国連邦(UAE)に開幕するFIFAクラブワールドカップ UA

記事を読む

第100回高校野球

今年、2018年の8月に第100回高校野球大会が阪神甲子園球場で行われます。1915年に第一回大会開

記事を読む

2018年のドラフト会議

ドラフト会議前日、巨人原辰徳が大阪桐蔭・根尾昂をドラフト1位指名すると発表。「1位は何があっても根尾

記事を読む

3月の少し肌寒し時期に海辺を走る地域マラソン!

石川県七尾市の 『 能登和倉万葉の里マラソン』 なんと世界農業遺産に認定もされており自然豊か

記事を読む

サッカー日本代表 長友金髪イメチェン

日本代表大会前最後の強化試合となる12日のパラグアイ戦に向けて長友佑都選手が漫画ドラゴンボールのスー

記事を読む

モンスター井上尚哉!世界の頂点への道!WBSSバンタム級トーナメント準決勝!2019年5月18日(日本時間19日)

『☆.。WBA世界バンタム級王者・井上尚弥☆ vs ☆IBF王者エマヌエル・ロドリゲス☆.。』

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

余命半年と宣言されたら、あなたは何をやりたいですか?

余命半年と宣言されたら、 あなたは何をやりたいですか? 「最高

ナンバープレート盗難急増中!! 悪質窃盗団の真の狙いとは

警察庁の調べによるとナンバープレートの被害が増加傾向で、2017年度に

北海道ならではの景色 岬の絶景スポット

雄大な大自然がのこされた北海道。山や海、湖など自然豊かな景観を楽しみに

ゴールデンカムイ TVアニメ第三期が製作決定

★ゴールデンカムイ★原作:“野田サトル”大ヒット漫画! ◇週刊ヤングジ

最新ドライブレコーダー必要機能と性能差

今急増している安全運転・事故防止に役立つ◇ドライブレコーダー◇が運転中

→もっと見る

PAGE TOP ↑