Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ssmark9788/www/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
今旬バナナの健康パワー | トレンディー

*

今旬バナナの健康パワー

公開日: : 最終更新日:2020/09/17 美容・健康

バナナは天然のスイーツといってもいいでしょうね。砂糖を足さずとも元から甘いので、いろいろなデザートに組み合わせることができますね。しかもとってもヘルシーです。

いつでもどこでも安く買えるこので・トロピカルフルーツ・いろいろな使い方ができますし、持ち運びやすく、おいしい。世界的にどんな・フルーツ・よりも生産されているのも当然かもしれませんね。国連食糧農業機関によると、バナナは世界でいちばん輸出量の多い果物なのです。

人気のフルーツでありながら、ほかの果物よりも炭水化物や糖分が多いため、もしかするとあえてバナナを避ける人もいるかもしれません。でも忘れがちですが、私たちの身体は炭水化物がとても必要ですね。

加工された果物とは違って、バナナの・天然の糖分・には多くの・ビタミン・ミネラル・もついてきます。・バナナ・は食物繊維も豊富ですから、満腹感が続くだけでなく。糖分の消化もゆっくりにし。そうした特徴から・バナナ・は本当に・健康的・なのですね。

バナナの栄養価は、バナナ中くらいのサイズで、1本105キロカロリー・たんぱく質1 g・脂肪1 g未満・炭水化物26 g(食物繊維3 g)、糖分14 gです。
アメリカ国立衛生研究所によると、中くらいのバナナ1本に含まれるカリウムは422ミリグラム、1日のカリウム推奨摂取量のおよそ・12%・にあたりますね。

バナナ関連記事

私たちの身体がちゃんとはたらくため、たくさんのカリウムが必要になります。・カリウム・は、ミネラルのなかでも水に溶けて電気を通すタイプ*電解質*と呼ばれます。筋肉の収縮・神経のはたらきを助けています。さらに、栄養を細胞に運ぶはたらきもあるのですね。そして流し出します。また・心臓の鼓動を一定に保ち・体内の塩分を調節します!

・カリウム・が足りないと、高血圧や腎結石のリスクがあがってしまうのです。弱って疲れた感じや、筋肉のけいれんが起きたりすることもあります。
固形の食べ物がどうして水分を保つのに役立つのでしょうね?

その理由は、体液バランスの調節を助ける・カリウム・なのです。特に運動して汗をかくと、水分と一緒に電解質・ナトリウム・マグネシウム・カルシウム・それに・カリウム・も失われます。

国際スポーツ栄養学会によると、中から高強度の活動をすると、細胞レベルでカリウムに小さな変化が起こる可能性があります。このアンバランスを防ぐために、アスリートは、・カリウム・が豊富な食べ物をとる方がよいと考えられていますね。

腸によい
中くらいのバナナ1本には、満腹感のもと、食物繊維が3グラム1日推奨摂取量のおよそ10%含まれますね。それに、腸内の善玉菌・プロバイオティクス・を増やしてくれる発酵性の食物繊維の一種、・プレバイオティクス・も入っていますから、身体全体の健康にとってよい効果がありますね。

このような有益な微生物は、消化を助け・風邪・の治りを早めてくれます!さらに・減量・にまで役立つという研究結果もあるのです。
運動する前に、食べるとよい食べ物は、・エネルギー・になる天然の・糖分・炭水化物を含み、あまり胃の負担にならないもの・バナナ・はこのふたつの条件を両方とも満たしているうえ、ジム用のバッグに放り込んで手軽に持ち運べます。

運動後の回復にも効果的
バナナは運動の後でも効果的である可能性がありますね。2018年の参加者20人の研究によると、バナナにふくまれる化合物とフィトケミカルには、耐久力のトレーニングをした後の身体の・炎症・を軽くする効果が確認されました。

心臓によい
これもカリウムのおかげ。この必須ミネラルは心臓のはたらきにとても大切なのです。カリウムをたくさんとると、血圧が下がり、脳卒中のリスクも低下するという研究結果が出ています。

関連記事

忘年会 新年会を健康痩せる食べ方飲み方

糖質制限では禁酒する必要はありませんね。 糖尿病治療は、飲酒はダメと指導されていますが、糖質制

記事を読む

筋トレ・ダイエット・プロテインで肝臓や腎臓に負担も…正しい摂取方法

日本人の健康意識の高まりや筋トレ・トレーニングで、多くの方から注目を集めている“タンパク質”。なかで

記事を読む

ローヤルゼリーもっちりジェル ジャータイプ

独自技術で作られたシルク由来浸透カプセルのローヤルゼリーを惜しみなく含むのが、ジャータイプで使いやす

記事を読む

伸びてくる白髪対策に白髪染めの持ちを良くするテク

40代女性に髪についてのお悩みを聞くと、筆頭に挙がるのが“白髪”です。 ■白髪染めで頭皮に刺激

記事を読む

いびき対策グッツ 顎固定サポーター

お付き合いをし始めてから間もないパートナーが居り、普段は周囲の人々が羨むほどの仲が良い様子で過ごして

記事を読む

ひざ関節 痛み,改善方法,原因予防

ひざは体重を支える部分ではあるがゆえに、大きな負荷がかかっています。そのために激しい痛みを伴う関節痛

記事を読む

冷えも暑さもケアできる麦茶の魅力

最近では、いろいろな飲みものがあるため、麦茶を飲む方も少なくなってきたかもしれません。ですが、麦茶は

記事を読む

シミトリ-オールインワン

若いうちには気にならなかったシミやそばかすなどは、年齢が上がることによって徐々に目立ち始めます。そこ

記事を読む

ケフィア たね菌 種菌 ヨーグルト

日々の生活をより快適に過ごすために必要なものはありますが、その中でも健康のことを考えると是非活用した

記事を読む

寒暖差疲労 症状

街路樹の木々の葉が、少しずつ色づきが始まっていて、冬が深まってきたことに気づく毎日ですね。 昼

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マスク生活 老けを防ぐ顔

マスクが必需品となって以来、何となく顔の印象が老けたことに気づかれた方

肌の秋シミや乾燥対策におすすめの栄養素と食材

本格的な秋が始まります。夏の紫外線による肌のダメージケアは万全ですか?

顔年齢10歳若返りのための1分顔マッサージ

顔の老化はなぜ起こる? 顔の老化現象の代表ともいえるシワ・たるみは、

台風 ガラステープ

SNSを中心に注目されているのが“窓ガラス”への備え。窓ガラスに×印、

朝のむくみ顔に悩まない!水はけ改善

朝目覚めたら、鏡を見てムクンダ顔におどろいてしまうこともありますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑