Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

バナナの健康パワー

公開日: : 最終更新日:2019/03/24 美容・健康

バナナは天然のスイーツといってもいいでしょうね。砂糖を足さずとも元から甘いので、いろいろなデザートに組み合わせることができますね。しかもとってもヘルシーです。

いつでもどこでも安く買えるこので・トロピカルフルーツ・いろいろな使い方ができますし、持ち運びやすく、おいしい。世界的にどんな・フルーツ・よりも生産されているのも当然かもしれませんね。国連食糧農業機関によると、バナナは世界でいちばん輸出量の多い果物なのです。

人気のフルーツでありながら、ほかの果物よりも炭水化物や糖分が多いため、もしかするとあえてバナナを避ける人もいるかもしれません。でも忘れがちですが、私たちの身体は炭水化物がとても必要ですね。

加工された果物とは違って、バナナの・天然の糖分・には多くの・ビタミン・ミネラル・もついてきます。・バナナ・は食物繊維も豊富ですから、満腹感が続くだけでなく。糖分の消化もゆっくりにし。そうした特徴から・バナナ・は本当に・健康的・なのですね。

バナナの栄養価は、バナナ中くらいのサイズで、1本105キロカロリー・たんぱく質1 g・脂肪1 g未満・炭水化物26 g(食物繊維3 g)、糖分14 gです。
アメリカ国立衛生研究所によると、中くらいのバナナ1本に含まれるカリウムは422ミリグラム、1日のカリウム推奨摂取量のおよそ・12%・にあたりますね。

バナナ関連記事

私たちの身体がちゃんとはたらくため、たくさんのカリウムが必要になります。・カリウム・は、ミネラルのなかでも水に溶けて電気を通すタイプ*電解質*と呼ばれます。筋肉の収縮・神経のはたらきを助けています。さらに、栄養を細胞に運ぶはたらきもあるのですね。そして流し出します。また・心臓の鼓動を一定に保ち・体内の塩分を調節します!

・カリウム・が足りないと、高血圧や腎結石のリスクがあがってしまうのです。弱って疲れた感じや、筋肉のけいれんが起きたりすることもあります。
固形の食べ物がどうして水分を保つのに役立つのでしょうね?

その理由は、体液バランスの調節を助ける・カリウム・なのです。特に運動して汗をかくと、水分と一緒に電解質・ナトリウム・マグネシウム・カルシウム・それに・カリウム・も失われます。

国際スポーツ栄養学会によると、中から高強度の活動をすると、細胞レベルでカリウムに小さな変化が起こる可能性があります。このアンバランスを防ぐために、アスリートは、・カリウム・が豊富な食べ物をとる方がよいと考えられていますね。

腸によい
中くらいのバナナ1本には、満腹感のもと、食物繊維が3グラム1日推奨摂取量のおよそ10%含まれますね。それに、腸内の善玉菌・プロバイオティクス・を増やしてくれる発酵性の食物繊維の一種、・プレバイオティクス・も入っていますから、身体全体の健康にとってよい効果がありますね。

このような有益な微生物は、消化を助け・風邪・の治りを早めてくれます!さらに・減量・にまで役立つという研究結果もあるのです。
運動する前に、食べるとよい食べ物は、・エネルギー・になる天然の・糖分・炭水化物を含み、あまり胃の負担にならないもの・バナナ・はこのふたつの条件を両方とも満たしているうえ、ジム用のバッグに放り込んで手軽に持ち運べます。

運動後の回復にも効果的
バナナは運動の後でも効果的である可能性がありますね。2018年の参加者20人の研究によると、バナナにふくまれる化合物とフィトケミカルには、耐久力のトレーニングをした後の身体の・炎症・を軽くする効果が確認されました。

心臓によい
これもカリウムのおかげ。この必須ミネラルは心臓のはたらきにとても大切なのです。カリウムをたくさんとると、血圧が下がり、脳卒中のリスクも低下するという研究結果が出ています。

関連記事

ハーブティー リラックス効果 デトックス

ハーブティーは優しい香りと有効成分により眠気を誘うため眠れない時に口にすると穏やかに眠りにつく事がで

記事を読む

一重 奥二重用 ビューラー

日本人のまぶたの多くは、一重の特徴を持っている方がかなり多いと言われています。一重まぶたもチャームポ

記事を読む

40代で生理が長引くのは更年期 ホルモンバランスを整える対策

40代で生理がダラダラ長く続くなどのいわゆる生理不順を経験すると、更年期かな?と思う人も多いでしょう

記事を読む

寒暖差疲労 症状

街路樹の木々の葉が、少しずつ色づきが始まっていて、冬が深まってきたことに気づく毎日ですね。 昼

記事を読む

在宅勤務は誘惑だらけ?ストレス食べを減らす方法

在宅の時間が増えて、いつも以上に間食の回数や食事量が増えてしまうという声を聞きます。常に食べ物が手の

記事を読む

現役薬剤師が選ぶ市販の花粉症用目薬

花粉症シーズン真っ只中。目は赤く充血して、かゆくて重くてしかたない。◆外出するのがおっくうになり・気

記事を読む

姿勢でカラダも美しくなる体幹

姿勢を美しくすることでカラダも美しくする事も出来ると考えて良いでしょう。姿勢をよくするということは体

記事を読む

冬は肌の乾燥季節

体温と外気に一番差が出る冬です これだけでも体は負担を感じているのに湿度も低い。 こ

記事を読む

マスクしても崩れにくいメイク術

マスクをしていると、メイク崩れに悩む方は多いと思います。短時間ならいいのですが、長時間マスクをつけた

記事を読む

インフルやノロを予防する食材ランキング

冬になると心配なのが、インフルエンザ・ノロウイルスなどの感染症。手洗い・うがい、マスクなどで予防を心

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中年太りは食べて脂肪をエネルギーとして燃焼

今までと何も変わっていないはずなのに、段々と太り始める40代。去年の夏

ドライアイや眼精疲労が進む理由

「ドライアイ? 眼精疲労?」目が疲れて、涙が出る、痛い、目が乾くといっ

冷えも暑さもケアできる麦茶の魅力

最近では、いろいろな飲みものがあるため、麦茶を飲む方も少なくなってきた

今夜から明日かけてストロベリームーン

6月5日(金)夕方から6日(土)明け方にかけて見られる月は、「ストロベ

筋トレ・ダイエット・プロテインで肝臓や腎臓に負担も…正しい摂取方法

日本人の健康意識の高まりや筋トレ・トレーニングで、多くの方から注目を集

→もっと見る

PAGE TOP ↑