Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

ボヘミアン・ラプソディ クイーン世代の中高年から20代までが支持! リピーター続出した!has

公開日: : 人気

元祖Jポップとしてのクイーンの魅力

公開11月9日〜12月2日までの間で、日本国内での興行収入を30億円台に乗せている。都心の映画館は・終日完売⭐️・が続出しました。

ムビコレのサイトに、記事も掲載されタイトルは、クイーン世代の中高年から20代までが支持! リピーター続出した!・ボヘミアン・ラプソディ
過去のロックバンドの映画ながら、「若年層需要」と「リピート需要」という、映画(エンタメ)界的にとても魅力的な需要構造を獲得しているといえる。

映画ボヘミアン・ラプソディ・は、どのようにして、この魅力的な需要構造を獲得したのか。

その問いに対して私は、「だってクイーンは『元祖Jポップ』だから」と答えたいと思います。
この映画の魅力として、ルックスや身なり、演奏シーンでの動き方まで、メンバー本人に酷似させたキャスティングなど、映画全体を支配する抜群のリアリティがある。

一方では、リアリティに反して、史実を単純化しながら、起伏を持たせたストーリーも大きな魅力だった。

クイーンをよく知らない20代の若者が、繰り返し何度も見たくなったことに関しては、さらに別の理由があったのではないかと。

ここで若年層が指摘したいもう一つの魅力は、クイーンが生み出すサウンドそのものである。あのクイーン・サウンド・フレディ・マーキュリーのあの声だからこそが、クイーンを知らない若年層をも惹き付け・あの音の世界・音の洪水にまた溺れたいと思わせた。こうして、・若年層需要・と・リピート需要・が一挙に獲得できたと考えます。

歴史を振り返る。70年代中盤〜80年代初頭にかけて、クイーンは、日本で最も人気のある洋楽バンドでした。

次に示すのは、当時の日本における代表的な洋楽ロック雑誌・MUSIC LIFE・における人気投票・ML人気投票のグループ部門のベスト3結果の抜粋である。
読者層は6:4で男性の方が多かった。ミュージック・ライフ完全読本でも語っています。ルックスだけでなく、サウンドもしっかりと評価されたと考えるべきだろうと(当時、ルックスで人気だったベイ・シティ・ローラーズはベスト5にすら一度も入っていない)

これに付け加えたいのは「ドラマティックな構成」だ。映画でもフィーチャーされた。「ボヘミアン・ラプソディ」「愛にすべてを(Somebody to Love)」のように、一曲通して聴くとお腹いっぱいになるような過剰なドラマ性を持つことも、クイーン・サウンドの特筆すべき魅力だと思う。

そして、ここで思うのである。クイーン・サウンドの魅力って、なんてJポップ的なんだろうか

もっと幅広いさまざまなバンドが、「日本で最も人気のある洋楽バンド」クイーンから直接的・間接的に影響を受け、・音の厚み・メロディー・の明快さ」「ドラマティックな構成」のあるサウンドを拡大再生産し続けた結果、現代のJポップ・サウンドが形作られていったのである。

そんなJポップ・サウンドを、子どものころから聴き続けてきた若年層が、JポップらしさをJポップよりも含有している。ある意味「JポップよりもJポップらしい」クイーン・サウンドの魅力に惹かれ、あの音の世界・音の洪水にまた溺れたいと思った――この構造が、映画『ボヘミアン・ラプソディ』における「若年層需要」と「リピート需要」の獲得要因だと考えるのだ。

クイーン・サウンドにハマっている若年層を見て、この映画はドキュメンタリーではなく・ショー・として、最高の出来なんだと思い直すことにしました。

映画の最後の最後に流れる曲は、「ザ・ショー・マスト・ゴー・オン・The Show Must Go On・2018年の洋画シーンは『グレイテスト・ショーマン』に始まり、グレイテストなショーとしての映画=『ボヘミアン・ラプソディ』で暮れていく。

来る2019年、次の元号の時代にも、とびっきりのショーが、ずっとずっと続いていくことを切に願う。

関連記事

この冬行きたい「カニ旅」人気エリアTOP10

冬の旬 魚介類といえば、旨味が身にギュッと詰まった「カニ 」です。刺身でも・茹でても・鍋でも・美味し

記事を読む

ボジョレーヌーボー

ボジョレーヌーボーとは何かというと、フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区で作られているワインの

記事を読む

癒やの森林浴

森林浴とは、精神的な癒やし安らぎを得たり身も心もリフレッシュできる効果あると言われています。

記事を読む

プログラミング 小学生 プレゼント

現代人の生活に情報技術が浸透してきている上に、ニュース番組や新聞などでは2020年から小学校で小学生

記事を読む

都道府県の魅力度ランキング2018

都道府県の魅力度ランキング2018 毎年、順位をめぐって全国各地で様々な論争を巻き起こしている都道

記事を読む

いま女性が旅行で行きたい場所をランキング

いよいよ12月、年末年始の長期休暇は友人や恋人、パートナーを誘って海外旅行へ出かけるという方も多いの

記事を読む

彼女を喜ばせる・クリスマスプレゼントは?

一年に一度・彼女を喜ばせる・クリスマスプレゼントは? 吹く風が冷たく、コートに袖を通す時期にな

記事を読む

マニュアルモード付ATは使いすぎるとクルマに悪い

日本で販売される車は、渋滞が多いという事情から、全体で見るとAT(=アクセルペダルとブレーキペダルし

記事を読む

つつじ祭り 日本で一番早い開花を迎える

毎年、沖縄県にある東村では、3月になると東村つつじ祭りが開催されます。 東村つつじ祭りでは、色

記事を読む

沖縄旅行で夏のイベント

沖縄旅行で夏のイベントの最大は、海洋博公園エメラルドビーチで行われる1万発の花火が打ち上げられる花火

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ホタル鑑賞 スポット&イベント

令和初夏の一時期にみられるホタルは、日本の夏の風物詩のひとつですね。真

嫁・姑餃子戦争!旦那はどっちを選ぶ試食調査は修羅場に変わる。

☆5月放送のモニタリングは☆人間監察モニタリング☆ 何も知らずに妻と

北海道はでっかいどう~米倉涼子が安住アナの故郷北海道へ!

TBSで放送『ぴったんこカン・カン』を視聴して感じたことは! “

吹き飛ばせ5月病!北海道タイミングのよい時期はいつ?なんで?

大型連休も終わり日常の生活、『あれ…やる気がでない』『あ~楽しかったな

『アッコにおまかせ』人気占い師オフェリア・麗! 令和運勢一覧・運気アップ術知って得する

『オフェリア・麗さんとは?その運勢アップ術は?令和最強運勢は?』

→もっと見る

PAGE TOP ↑