*

忘年会 新年会を健康痩せる食べ方飲み方

公開日: : 美容・健康

糖質制限では禁酒する必要はありませんね。

糖尿病治療は、飲酒はダメと指導されていますが、糖質制限食は、禁じていません。ダイエットや肥満対策、健康維持などが目的の人でも同じです。

普段から適切な種類や表示を見て選び、正しい飲み方さえできれば、お酒を飲んでもかまわないのです。

そもそも、アルコールは、カロリーがあるため、カロリー制限の食事療法では好ましくないとされていました。
しかし、アルコールのカロリーは、「エンプティ(空っぽな)・カロリー」と呼ばれており、肥満につながるものでもなければ、血糖値を上げるものでもありません。

実際、糖質制限食を実行されている方、糖尿病や予備群の人たちでも、晩酌を楽しんでいる方も多くおられます。
食事指導での寂しい思いをしていた、お酒好きの方は、糖質制限食は大変に喜ばれています。
食事療法は長く続けることが大切ですが、お酒好きの人にとって、糖質制限食は食べ方が分かれば続けやすいようです。

酒を飲めるんなら、ほかのことはだいたい我慢できるとおもいます。
以前は、「酒呑みダイエット」とも言われたこともあるくらい、お酒好きには喜ばれる食事療法なのです。

居酒屋などには糖質制限しながら食べられるメニューがたくさんあります。基本的に肉や魚もOK、多彩なメニューを味わえるのも、糖質制限食の楽しみなのです。

醸造酒とカクテルは、ダメです蒸留酒を選ぼう

アルコールは大丈夫でも、お酒の種類によって糖質を多く含むものがあるからです。
どんな種類や成分がお酒が大丈夫なのか、よく確かめて、選んで飲むようにします。糖質のないシンプルな材料のお酒を選び、正しい飲み方をすれば、楽しく糖質制限食を続けられます。

糖質制限で選ぶべき酒類は、具体的に述べていきます。お酒は、大きく分けて次の3種類です。

①蒸留酒は基本的にOK

まず、蒸留酒は、種類があります。焼酎・ウイスキー・ウオッカ・ブランデーが蒸留酒に含まれます。

蒸留酒は、製造法が醸造酒とは大きく異なります。糖質を含む穀物や酵母を発酵させる事と同じなので、このあとで加熱します。
気体化しアルコールを冷却して液体に戻したものを集めてお酒にします。

でき上がった蒸留酒には糖質は含まれないので(ジンとラムのみ100g中0.1g含む)ジンとラムを多く飲んでも血糖値は、上がりません。肥満にもつながりません。

糖質制限期間は、基本的に蒸留酒を選ぶようにしてくださいね。焼酎、ウイスキー、ウオッカ、ブランデーなどの蒸留酒には糖質が含まれていないので、糖質制限的にはいくら飲んでも大丈夫なのです。飲食店メニューで、焼酎水割りお湯割り、ハイボール(ウイスキージンなどの炭酸割り)なども問題ありません。

あまり酒を多くすると肝臓に悪いなど、ほかの健康被害の心配があります。常識程度にしてくださいね。

②醸造酒は基本的にNG

次に、日本酒、ビール、ワイン、紹興酒などの醸造酒があります。醸造酒は、糖質の多い穀物や果物などをアルコールと酵母で発酵させてつくります。
穀物など原料に糖質を多く含むため、当然、お酒の糖質は高くなります。

たとえばビールの中ジョッキでは、(500ml)1杯の場合、糖質は15g以上になります。
また、日本酒1合が、糖質が約8gもあります。液体なので、糖質の吸収速度が速く、あっという間に血糖値を上昇させてしまいます。

特にビールは、大量に飲んでしまいがちで、含まれている糖質の総量も多くなり、血糖値の大幅な上昇を招きます。結果、肥満にもつながります。

「糖質制限において醸造酒はダメ!」とぜひ覚えておいてくださいね。糖質ゼロの発泡酒や日本酒はOKです。

辛口ワインは、赤、白ともワイングラス2、3杯なら飲んでも大丈夫です。
ワインは醸造酒で控えたいですが、赤や白でも辛口ワインの場合は、糖質量はさほど多くありません。

③カクテル類には注意

酒の種類としては、もう1つ、カクテル類があます。カクテルは、蒸留酒をベースにしてジュース(糖質)などを混ぜて作ったものです。

ジュースは(たとえ100%果汁でも)糖質が多く含まれるので、糖質制限食ではカクテルはほとんどNGとなります。

糖質制限OKカクテルは、ジンベースやウオッカです。
ジンベースでは、ギムレット・ジンライム・ジンリッキー・マティーニ。ウオッカベースでは、ブラディー・メアリー・ウオッカマティーニ。

このような例外があり、醸造酒とカクテルは基本的にダメです、蒸留酒はOK。酒選びの基本を覚えていただければ大丈夫です。

飲み会の多くなるこれからの季節に、楽しく糖質制限や健康になってくださいね。

関連記事

現役薬剤師が選ぶ市販の花粉症用目薬

花粉症シーズン真っ只中。目は赤く充血して、かゆくて重くてしかたない。◆外出するのがおっくうになり・気

記事を読む

選びたいファンデーションのポイントとは?

乾燥肌の方は、リキッドファンデーションがおすすめです。 リキッドファンデーションは液体性。乾燥肌の

記事を読む

冷えも暑さもケアできる麦茶の魅力

最近では、いろいろな飲みものがあるため、麦茶を飲む方も少なくなってきたかもしれません。ですが、麦茶は

記事を読む

ダイエット 悩み

ダイエットは女性だけでなく男性にとっても興味のある分野です。痩せたい、自分の好きな服を着たいという美

記事を読む

シミトリ-オールインワン

若いうちには気にならなかったシミやそばかすなどは、年齢が上がることによって徐々に目立ち始めます。そこ

記事を読む

いびき対策グッツ 顎固定サポーター

お付き合いをし始めてから間もないパートナーが居り、普段は周囲の人々が羨むほどの仲が良い様子で過ごして

記事を読む

栄養の吸収率UP!美容&健康のために食べ合わせ

毎日、何気なく食事をしているとおいますが、食べ合わせによってはもっと効率よく栄養素を吸収できる場合が

記事を読む

首シワ対策におすすめのコスメ&マッサージ

首のシワこそ年齢が出やすい部分ですが、ケアを忘れてしまいがちという方も多いのではないでしょうか。

記事を読む

ニキビ ケア

"肌の悩みと言ったらニキビです。夏の季節は汗をかきやすく皮脂が多く分泌すことから脂性になります。そこ

記事を読む

脱毛器を使ったケア

女性がしなければならない身だしなみケアの一つであるムダ毛の処理は、間違った方法で行うと大切な素肌に深

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

夏の疲れ・ダメージに旬の「梨」の栄養と簡単

ひとくち頬張ると、ジューシーな果汁が口いっぱいに広がるみずみずしい果実

夏バテ防止だけじゃないお酢の魅力

“お酢”は、美容や健康を促進・維持する効果が期待できる調味料で、古くか

腸内環境を整える 発酵おやつ

腸内環境をよい状態に保つことが、美容と健康の要であることは広く知られる

栄養の吸収率UP!美容&健康のために食べ合わせ

毎日、何気なく食事をしているとおいますが、食べ合わせによってはもっと効

短い時間しか寝られない!眠りの質をよくするコツ

短い時間睡眠では睡眠の『質』を上げる事が大切 睡眠は「時間」と“質”

→もっと見る

PAGE TOP ↑