北海道の道央や道南では街中でも紅葉狩りの見頃のピークを迎えています

空から見るとハートの形
豊似湖/えりも町

日高管内の唯一の自然湖であり、“ハートレイク”と呼ばれる周囲1キロメートルの小さな湖。黄金道路(国道336号線)から林道に入ってのアクセスとなりますが、道のりは決して容易ではないですが、空から見る以外に“ハート型の湖”として認識できないため、これまで幻の湖と呼ばれてきました。「白い恋人」を製造する石屋製菓のCM・ポスターで知名度を上げています。平成27年(2015)にはJTB北海道が町と連携し、ヘリコプターで遊覧プログラムを実施したことでも話題を読んだ湖です。

北海道の道央や道南では街中でも紅葉狩りの見頃のピークを迎えています。東北や北陸の平野部や関東北部でも色づき紅葉始めています。

東北の山々や北アルプスなどでも見頃のピークですが、早くも落葉している名所もあるので紅葉狩りは早めがおすすめです!ただ、27日(土)は前線の影響で、北海道各地で雨が降り紅葉狩りに影響が出そうです。

昨年の支笏湖畔
日本全国2番の冠が多い支笏湖だが、美しさにランクはつけられない。山々に囲まれたこの湖の魅力は静けさと安らぎ自然度の高さにあるのではないだろうか。札幌中心部から車でわずか1時間の距離であり、そこに都会の喧噪はない。家族・友人でドライブ&アクティビティを日帰りで楽しむことができる。温泉・レジャー・お祭り等のイベントで観光客も多く、人気の観光スポットとなっている。湖周辺には恵庭岳(えにわだけ)・風不死岳(ふっぷしだけ)・樽前山(たるまえさん)の支笏三山がそびえたち、モラップ、キムンモラップなどの低山にも囲まれている。

関連記事

もいわ山ロープウェイ

もいわ山ロープウェイのゴンドラは藻岩山に生息するエゾフクロウ,エゾリス,の色を塗装に採用。
パノラマウインドウのゴンドラからは藻岩山を一望し原始林や、札幌市街、遠く石狩湾まで一望にします。

山麓駅からゴンドラに揺られて5分(距離は、1.2km)で中腹駅に到着。
中腹駅で山頂駅行きの「もーりすカー」に乗り継ぎ、山頂展望台へ。

「もーりすカー」は、北海道で世界初のミニケーブルカー。
スイス製の森林体験型の輸送システムです。

ロープウェイともーりすカー(往復)の乗車券、レストラン「ザ ジュエルズ」の食事(ランチまたはディナー)がセットのなった、お得な乗車券も発売、レストラン「ザ ジュエルズ」利用は事前の予約が必要となります。

・支笏湖(道央)

現在は、道央や道南の平野部や道東の太平洋側を中心に紅葉の見頃のピークを迎えております。紅葉狩りを楽しむことができます。
今後は、11月中旬にかけてほとんどの地域で見頃、落葉を迎え、今年の紅葉シーズンが終了する見込みです。

週末のは、27日(土)は前線が通過して、北海道各地で雨が降ります。雨風が強まるおそれがあるため、紅葉狩りは、傘や雨具必要です。
28日(日)も寒気の影響で道央、道北、道南では雨の可能性があるため、お出かけには傘や雨具必要です。道東エリアでは紅葉狩りには問題ない天気ですが、グッと冷え込むので防寒が欠かせません。

シェアする

フォローする