シルバー川柳 孫へ改装

最近川柳というものが流行っています。川柳は俳句と似ている所もありますが、違う所もあります。俳句と違う点は、文字数と季節を表す季語を入れるかどうかということです。シルバー川柳というものもあります。元々川柳は学校などで教え子供などの世代に広まったものですが、最近になって高齢者が行うものも出てくるようになりました。

高齢者の趣味として人気があります。彼らが詠むものとしては、孫に対してというものもあります。孫へ詠むつもりで川柳を作るのです。高齢者に取っては社会的な場があまりなくなってきますので、孫という存在は大変大切だと思われます。なので彼らが川柳を詠むとしたら、よく考えが及ぶ孫の事に関することになることもあります。

川柳は俳句と違って、自由に自分の気持ちを詠めるということもあります。つまり季節など格式にあまりこだわる必要が無いのです。こういう点でも川柳が人気があると言えるでしょう。俳句だったら季節を入れなければならないので、何かにちなんで詠むなどということもありますが、川柳は本当に率直に心に浮かんだことを詠んでしまって問題がありません。

川柳は古くからありますが、俳句に比べて自由に詠めるという点で画期的で新しい趣味と言うことも出来ます。最近ではインターネット上でこれを投稿するということをやる人もいるようです。俳句に比べると簡単に人に発表したり感想を言い合ったりしやすいものです。

自分の気持ちを人に伝えることが出来るので、そういう目的で川柳という手段を選ぶ人もいるでしょう。川柳は自由ではありますが、日本の文化なので、多くの人に目にしてもらえ受け入れられると言えるかもしれません。文化に追従する気持ちや大切にしたい気持ちは多くの人が持っているものと言えます。川柳は自分の気持ちを本当にあらゆることに対して伝えることが出来ます。

日常のあらゆる場面における気持ちを詠むことが出来るのです。人に伝えるという点でコミュニケーションの一種にもなり得ます。簡単に詠めるのでコミュニケーションとしては便利と言えるかもしれません。現代社会は数字などが多く溢れ、世間に文字で何かを伝えるということはあまりないのではないかと思われます。

数字などは誰が見ても情報が簡潔でぶれずに伝わるという点でいいです。ですが、文字も気持ちを伝えられるいう点があります。なので、この文化は今後も続いていくと人同士でいいコミュニケーションが出来ると思われます。この様に川柳は年月と共に改装されてきています。

シェアする

フォローする