*

ひざ関節 痛み,改善方法,原因予防

公開日: : 美容・健康

ひざは体重を支える部分ではあるがゆえに、大きな負荷がかかっています。そのために激しい痛みを伴う関節痛に見舞われることはよくあることです。何が痛みをもたらしているのかというと、原因は一つではありません。関節痛から逃れたいのであれば、詳しく調べて、原因にあった改善方法を行っていかなければいけません。

最もよくある原因は変形性ひざ関節症です。先に述べたようにひざには大きな負荷がかかります。そのため激しい運動をしたり、加齢や肥満で人よりも体重が重い、といったことで、ひざの衝撃を吸収し円滑に動かすための軟骨がすり減り欠けてしまい機能しなくなります。それにより骨と骨とがぶつかり合い、神経を刺激して痛みに苦しむのです。一度すり減った軟骨はもとに戻ることはないので、進行を遅らせる事はできても完治することは難しいです。

変形性ひざ関節症は進行をすれば、次第に足は外側に折れ曲がりO脚になってしまいます。そしてやがては歩くことすら難しくなり、大きなダメージを受けたひざ関節の代わりに、人工関節を取り付ける人工関節置換術という手術が施術されます。

そこまで至る前に出来ることはないかというと、ひざに係る負担を極力減らすことが鍵です。原因予防としてやるべきは。ひざ関節を支える十分な筋力をつくることです。体を支える骨は、筋肉によって動かされています。筋肉で体重を受け止めることができるので、骨に掛かる負荷や痛みを軽減できます。筋肉は運動不足や加齢によって衰えていくので年をとってから変形性ひざ関節症になる患者が多いのです。もちろん筋トレでひざに負荷をかけすぎることはよくありません。そこでひざ関節の負担を軽減できて、なおかつ筋トレが出来る方法として水中歩行がおすすめです。水の浮力で体が浮くし、水の抵抗をかき分けて前に進もうすることで筋トレができます。

それから変形性ひざ関節症とともに、ひざ関節の痛みをもたらすものとして関節リウマチがあります。関節リウマチは免疫の異常で、本来は体を守るべき免疫機能が関節の炎症が分泌される物質をめがけて攻撃をすることで、組織が破壊されてしまう病気です。その結果として激しい痛みに見舞われ、変形してしまいます。これの改善方法は、炎症を抑え免疫の暴走を防ぐ薬を飲むことです。そして原因予防としては食事に気をつけるとある程度の効果が期待できます。肉やタバコ、酒、コーヒーなどは避けて緑黄色野菜や果物、オリーブオイルなど抗酸化作用をもつ食べ物を積極的に食べることです。とはいえ、完全に防げるというものではなく、他の治療の効果を高めるものと考えたほうが良いです。

関連記事

体脂肪率を下げる水分補給のコツ

むくみ解消やいわゆる水太り対策のためにと水分を控えるのは逆効果。老廃物を体内にとどめないための水分補

記事を読む

年越し十割そばをに含まれる栄養素がすごい!

お蕎麦に含まれる栄養素がすごい! お蕎麦には、お肌にも欠かせない★たんぱく質★が12.1%と、白米

記事を読む

腸内環境を整える 発酵おやつ

腸内環境をよい状態に保つことが、美容と健康の要であることは広く知られるようになりました。腸内環境美化

記事を読む

目元の乾燥小じわ・ちりめんじわを改善!原因と対策

  小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわができる原因とメカニズムとは 肌は、「小じわ・

記事を読む

冷えも暑さもケアできる麦茶の魅力

最近では、いろいろな飲みものがあるため、麦茶を飲む方も少なくなってきたかもしれません。ですが、麦茶は

記事を読む

シミトリ-オールインワン

若いうちには気にならなかったシミやそばかすなどは、年齢が上がることによって徐々に目立ち始めます。そこ

記事を読む

インフルやノロを予防する食材ランキング

冬になると心配なのが、インフルエンザ・ノロウイルスなどの感染症。手洗い・うがい、マスクなどで予防を心

記事を読む

パセリに含まれる栄養がすごい!残さず食べて美容と健康

料理やお弁当の色どりに添えられているパセリ。残さずに食べるという方は多くないかも知れません。そんな脇

記事を読む

マスク生活 老けを防ぐ顔

マスクが必需品となって以来、何となく顔の印象が老けたことに気づかれた方が多いようです。これには、長時

記事を読む

シミ 美白 アカラン

アカランは肌のことを考えて作られたコスメで、肌にストレスになるものを徹底的に取り除いて作られています

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仲良しカップルから喧嘩後の気まずさを解決するヒント

カップルなら必ず起こる喧嘩問題。ぶつかってしまった後は、彼と気まずい雰

冬はメンタル不調の季節元気な心をキープするポイント

秋から冬にかけては、「今ひとつ心の元気が出ない」「寝ても寝ても眠い」「

サンキューハザードをしなかったら、後続車からあおり運転を受けたとのSNSへの書き込みが増えている

合流路で道を譲ってもらった際にハザードランプを短く点滅させるいわゆる「

ウオーキング 脂肪を燃やす 適切な心拍数

今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日から

まつ毛 のダメージを加速させている? 三大NG

長く、太く、濃いフサフサまつ毛は、いつの時代も女性の憧れ。でも実際には

→もっと見る

PAGE TOP ↑