在宅勤務は誘惑だらけ?ストレス食べを減らす方法

在宅の時間が増えて、いつも以上に間食の回数や食事量が増えてしまうという声を聞きます。常に食べ物が手の届くところにある事も、誘惑されてしまう理由のひとつですよね。

最近では、ただでさえ運動不足になりがちです。上手に『食べたい気持ち』をおさえる工夫をしましょう。

在宅は誘惑だらけ?ストレス食べを減らす方法・間食のレシピ

食べたい気持ちを抑える方法と間食にお勧めのレシピをご提案します。

■食べてしまう原因は、ストレス!?

「はっきりとした空腹感がないのに、口寂しくなってしまう」という原因にはストレスが挙げられます。

不安や焦りなどから生まれるストレスは何かを口にすることで解消される感覚があるため、つい気分にまかせて食べてしまう傾向があるのです。まずは、口寂しい気持ちがストレスかもしれないという事を自覚しておきましょう。

■食べたくなったら、ミネラルウォーター・ハーブティーを

気分からくる食欲には、ミネラルウォーターやハーブティーなどの水分をとることをお勧めします。そして、家事や仕事の手を休め、好きな音楽・香り、映像といったものを楽しんでみましょう。

聴覚・嗅覚、視覚などが満たされると、味覚への欲望が和らぐ効果を期待できます。

■間食では、マストの栄養素をしっかりと

我慢のしすぎもストレスに繋がるためよくありません。間食には、ストレスを和らげる効果が良く期待できる栄養素を含むものを選んで行きましょう。

『カルシウム』・『ギャバ』・『ビタミンC』は必ずとりたい『栄養素』です。ストレスを感じやすい時には必須な“栄 養  素”です。

◆『ストレスを和らげる間食レシピ』3選

(1)ごまミルクプリン

カルシウム豊富な「ごま」・「ミルク」をたっぷり使ったおやつです。低糖質なので、ダイエット中にもお勧めです。

材料(プリンカップ5~6個分)

・牛乳 650ml

・水 1/2カップ

・粉寒天 4g

・てんさい糖 60g

・すりごま 大さじ2

作り方

(1)牛乳を耐熱容器に入れて電子レンジ『600W』でラップをかけずに3分加熱し、人肌程度に温めます。

(2)鍋に水と粉寒天を入れて火にかけ、煮溶かしたらてんさい糖を加えます。

(3)てんさい糖が溶けたら少しずつ(1)を加えながらしっかり混ぜ合わせます。

(4)(3)にすりごまを加えて混ぜたらプリンカップに流し入れて、冷蔵庫で冷やし固めれば完成です。

(2)かぼちゃスティック

「かぼちゃ」でギャバをとりましょう。満足感も◎です。

材料(1~2人分)

・かぼちゃ 100g

・片栗粉 適宜

・オリーブオイル 大さじ2

・粉チーズ 適宜

・シナモンパウダー 適宜

作り方

(1)かぼちゃは長さ5cm、幅5mm程度に切り、キッチンペーパーで水気を拭きとっておきます。

(2)(1)に片栗粉を振ります。

(3)フライパンにオリーブオイルをひき、(2)を入れて中火にかけて表面がカリッとするまで炒めます。

(4)(3)に粉チーズとシナモンパウダーを振りかければ完成です。

(3)キウイとカッテージチーズのスイーツサラダ

低カロリーで、ビタミンCが豊富な時短レシピです。

材料(2人分)

・キウイ 2個

・レーズン 大さじ1

・プレーンヨーグルト 大さじ3

・レモン汁 小さじ2

・はちみつ 小さじ2

・カッテージチーズ 大さじ1

作り方

(1)キウイは半月切りにしておきます。

(2)プレーンヨーグルト、レモン汁、はちみつを混ぜ合わせておきます。

(3)(1)を(2)で和えて器に盛り、レーズン・カッテージチーズを乗せれば完成です。

食べることは心の癒しになりますが、自分をある程度律することも心の平穏につながります。健やかなメンタルを食生活からも育てていきましょう。美と健康にも反映されると思います。

シェアする

フォローする