*

マスクしても崩れにくいメイク術

公開日: : 美容・健康

マスクをしていると、メイク崩れに悩む方は多いと思います。短時間ならいいのですが、長時間マスクをつけた後の肌は残念なことになっているでしょう。

しかし、仕事の日や誰かと会う日に「崩れるのが嫌だからメイクをしない」というわけにもいきませんよね。

こすれてもメイクが崩れにくい!マスクをする日のメイクテク

コスメコンシェルジュの筆者が、マスクの日でもメイクを崩れにくくするテクニックをご紹介します。

■スキンケア

マスクを使うと呼吸や汗によって蒸れる為、メイクが崩れやすくなってしまいます。

湿気によるメイク崩れを予防するためには、まずはスキンケアを見直しましょう。

スキンケアのやり方

基礎化粧品を一つ塗ったら、浸透するまで待ってから次のアイテムを塗ります。こうすることでより保湿成分が肌にしっかりと浸透され、メイク崩れ対策となります。

テカリが気になる時は、ベースメイクの前に一度ティッシュオフをすると良いでしょう。

■ベースメイク

ファンデーションを塗っていると、どうしてもマスクに色うつりしてしまいますよね。

そんな時は、ファンデーションよりも下地で肌を補正することがお勧めです。

ベースメイクのやり方

(1)顔全体にトーンアップ系の下地を塗って、肌を明るく見せます。

(2)次に、テカリが気になる小鼻や頬には皮脂や汗を抑えるタイプの下地をオンします。

(3)シミ・色ムラが気になる部分はコンシーラーでカバーし、顔全体に薄くファンデーションを塗ります。

マスクから出ている目の周りやおでこを重点的に塗り、仕上げにメイクを固定するスプレーを使えばより効果的です。

もし、マスクを外した時にファンデーションがよれていたら、ファンデーション用のスポンジでやさしくなじませると、つるんとした肌が復活します。

■ポイントメイク

朝のメイク時にビューラーを使ってまつ毛を上げていても、マスクからもれる湿気によって気がついた時にはまつげが下がっていることが多いものです。

マスカラを塗る前にカールキープ下地を使い、マスカラは皮脂や汗に強いウォータープルーフタイプを使うことでカールが長時間持続します。

どうしてもまつげが下がる場合

どうしてもまつ毛が下がる場合はマスカラを使ってまつ毛を上げることは止めて、アイラインを主役にした色っぽいたれ目メイク&すだれまつ毛に挑戦してみてはいかがでしょうか?

リップメイク

リップがマスクにつくのを防ぐためには、唇そのものを染めるティントがおすすめです。

リップペンシルを、輪郭だけではなく唇全体に塗ってからグロスを塗る方法も良いでしょう。リップペンシルは落ちにくいものが多いので、ぜひ試してみてください。

マスクが必要な季節は、崩れにくいメイクをして乗り切りましょう。

関連記事

冬はメンタル不調の季節元気な心をキープするポイント

秋から冬にかけては、「今ひとつ心の元気が出ない」「寝ても寝ても眠い」「やる気が出ない」という人が増え

記事を読む

筋トレ 食事法

一般的に筋トレのイメージとしては身体の見た目をよくするのが先行しますが、近年では筋トレは健康にとって

記事を読む

腸内環境を整える 発酵おやつ

腸内環境をよい状態に保つことが、美容と健康の要であることは広く知られるようになりました。腸内環境美化

記事を読む

ほうれい線改善・リフトUPマッサージマスクでたるみが・・

マスク着用が日常になると、つけていないときに比べて、思うように表情筋が動かしにくくなるでしょう。それ

記事を読む

顔年齢10歳若返りのための1分顔マッサージ

顔の老化はなぜ起こる? 顔の老化現象の代表ともいえるシワ・たるみは、筋肉が凝って固くなり、次第に委

記事を読む

40代で生理が長引くのは更年期 ホルモンバランスを整える対策

40代で生理がダラダラ長く続くなどのいわゆる生理不順を経験すると、更年期かな?と思う人も多いでしょう

記事を読む

夏の疲れ・ダメージに旬の「梨」の栄養と簡単

ひとくち頬張ると、ジューシーな果汁が口いっぱいに広がるみずみずしい果実「梨」。8月から10月にかけて

記事を読む

シミトリ-オールインワン

若いうちには気にならなかったシミやそばかすなどは、年齢が上がることによって徐々に目立ち始めます。そこ

記事を読む

朝のむくみ顔に悩まない!水はけ改善

朝目覚めたら、鏡を見てムクンダ顔におどろいてしまうこともありますよね。そんな事態をさけるために、朝に

記事を読む

短い時間しか寝られない!眠りの質をよくするコツ

短い時間睡眠では睡眠の『質』を上げる事が大切 睡眠は「時間」と“質”が大切です。 基本は必要

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仲良しカップルから喧嘩後の気まずさを解決するヒント

カップルなら必ず起こる喧嘩問題。ぶつかってしまった後は、彼と気まずい雰

冬はメンタル不調の季節元気な心をキープするポイント

秋から冬にかけては、「今ひとつ心の元気が出ない」「寝ても寝ても眠い」「

サンキューハザードをしなかったら、後続車からあおり運転を受けたとのSNSへの書き込みが増えている

合流路で道を譲ってもらった際にハザードランプを短く点滅させるいわゆる「

ウオーキング 脂肪を燃やす 適切な心拍数

今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日から

まつ毛 のダメージを加速させている? 三大NG

長く、太く、濃いフサフサまつ毛は、いつの時代も女性の憧れ。でも実際には

→もっと見る

PAGE TOP ↑