*

糖尿病リスク AIが予測ツール

公開日: : 最終更新日:2019/03/24 総合

糖尿病は、適切な生活習慣や食生活・運動習慣治療により合併症の重症化を防止することが可能な病気です。食生活や運動習慣などの生活習慣の変化や高齢化に伴い、世界各国で増加を続けています。適切な管理や治療がおこなわれないと、網膜症が進行して失明に至る、腎症が進行して透析が必要となるなど、生活の質を著しく損なう場合があります。

あなたが3年後に糖尿病になるリスクが分かる? データを入力すると危険度がわかる予測ツールを、国立国際医療研究センターが開発し、24日からホームページ糖尿病リスク AIが予測ツール別ウインドウで開きます)で公開を始めた。

国立国際医療研究センターは、「健診結果」を用いて将来の糖尿病発症のリスクを予測するシステムを株式会社教育ソフトウェアと共
同開発しました。このシステムは、糖尿病と診断されたことのない30歳から59歳までの方が対象のツールです。

関連記事

ツールは、30~59歳のこれまで糖尿病と診断されたことのない人が対象。約3万人の健康診断統計データをもとに、AI(人工知能)を使って開発した。身長、体重、性別、血圧などを入力すると、3年後の糖尿病発症リスクや、同性・同年代の平均との比較結果がわかる。血液検査のデータを加えると、より精度の高い予測ができる。

国内には、糖尿病が強く疑われる約1千万人に加え、糖尿病の可能性が否定できない人も約1千万人いるとされています。健康診断などで異常が見つかる前にリスクを評価し、「予備群」だと分かれば運動や食事、禁煙などの対策をとることで、病気になるリスクを下げることが出来る。

国立国際医療研究センターの溝上哲也・疫学・予防研究部長は「自分のリスクを知ってもらうことで、生活習慣の改善を促したい」と話している。糖尿病対策などについても国立国際医療研究センターのホームページで紹介している

糖尿病リスク予測ツールを使い早めの治療や生活習慣の改善に役立てて下さい。

関連記事

楽しむのが上達のキーポイント

楽しむのが上達のキーポイントです。 なにかの知識やスキルを身につけたいときは、 特に楽しみな

記事を読む

新生活で金運アップする 色数字

新生活に向けて、家具や生活品電化製品を揃えている人は多いのではないでしょうか。準備する物は必要最低限

記事を読む

時の流れか一世を風靡した三菱自動車パジェロ!平成と共に国内向け生産終了

寂しいニュースが飛び込んで来て時代と時の流れを肌で感じてしまいます。 誰にでも憧れる車両はあると思

記事を読む

水回り 運気,コツ

水回りを清掃しないと運気は下がってしまうと考えられています。特に注意しなければならないのは排水口です

記事を読む

アルコール消毒液で手にかゆみや発疹、原因や対処法

新型コロナウイルスの感染拡大で『アルコール消毒液』が多用される中、体質的に“アルコール”を苦手とする

記事を読む

最新ドライブレコーダー必要機能と性能差

今急増している安全運転・事故防止に役立つ◇ドライブレコーダー◇が運転中のトラブル時を記録し真実を証明

記事を読む

第42回世界オセロ選手権 神奈川県在住の小学5年、福地啓介さん(11)が初優勝

世界の30の国の地域と90人のオセロプレイヤーが参加した「第42回世界オセロ選手権」で、11歳の初出

記事を読む

不動産投資お金の残し方,裏教科書

不動産投資の本でお金の残し方裏教科書というものがあります。これは節税対策を行いながら物件を選ぶ目利き

記事を読む

新型コロナウイルス感染症と今すぐにできる予防策

中国国内で、患者数が二万人を超えて『2020年2月4日時点』症状がみられない段階でも周囲に感染させる

記事を読む

東京駅のコインロッカー25日から4日間・全面使用禁止

5月・25日から28日の間、東京駅のロッカーが全面使用禁止に トランプ大統領の来日に合わせて、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サンキューハザードをしなかったら、後続車からあおり運転を受けたとのSNSへの書き込みが増えている

合流路で道を譲ってもらった際にハザードランプを短く点滅させるいわゆる「

ウオーキング 脂肪を燃やす 適切な心拍数

今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日から

まつ毛 のダメージを加速させている? 三大NG

長く、太く、濃いフサフサまつ毛は、いつの時代も女性の憧れ。でも実際には

ほうれい線改善・リフトUPマッサージマスクでたるみが・・

マスク着用が日常になると、つけていないときに比べて、思うように表情筋が

マスク生活 老けを防ぐ顔

マスクが必需品となって以来、何となく顔の印象が老けたことに気づかれた方

→もっと見る

PAGE TOP ↑