水回り 運気,コツ

水回りを清掃しないと運気は下がってしまうと考えられています。特に注意しなければならないのは排水口です。清掃せずに詰まってしまうと、水が流れなくなったり水漏れが起こったりします。

それだけでなく、悪臭が生じているケースにおいては、同時に良くない運気も生じているという見方があるのです。詰まっているので、悪い運気が流れていくこともありません。つまり、水回りを中心として家の中は悪い運気で充満してしまうということです。

そんな事態を避けるには、普段からしっかり清掃しておくことが重要になります。しかし見た目を綺麗にしても、排水管が詰まってしまうと意味がありません。流れが悪くても、少し待てば流れるからといって放っているケースもあるでしょう。そのままにしておくと、いつか大きなトラブルに発展する可能性が高いです。掃除しやすくするコツを把握して開運を目指しましょう。

たとえば洗面所の場合は排水管の繋ぎ目に気を配る必要があります。毎日使っているうちに接続している箇所に、いろいろなゴミが溜まっていくからです。大きなゴミだけでなく、整髪料や化粧品の細かい粒子なども付着していきます。それらに粘性があると髪の毛などもひっかかるようになるので要注意です。排水管を外して掃除するのはたいそうなので、ゴミが流れていくのを防止するネットを付けておくと良いでしょう。

また排水口の周辺や内部に付着したぬめりを落とすことも忘れてはいけません。そのときに塩素系の洗剤を使う場合は、洗面所の換気扇を回したり窓を開けたりする必要があります。
台所に関しては、より慎重に掃除をしなければなりません。なぜなら料理や食べ残しの油分が排水管に付きやすいからです。

液体だからといって油断して流してしまうと、内部で冷えることにより凝結が起こって、固体になってしまう恐れがあります。これを防止するには洗い流す前に拭きとっておくことが大事です。調理器具や食器皿をすぐに洗うのではなく、ティッシュなどで軽く拭くようにしましょう。完全には防げませんが、これだけでも付着する量を大きく減らせます。不注意で流してしまった場合は、水を大量に流すことで固まる前に排除できる場合もあります。

また、普段から定期的に勢いよく流すことを習慣にしていれば、こびりついた汚れもある程度は取り除ける可能性が高いです。浴室の場合は髪や皮脂が溜まりやすいというように特徴が異なります。それぞれの特徴に合った掃除をすることが大切です。

シェアする

フォローする