*

伸びてくる白髪対策に白髪染めの持ちを良くするテク

公開日: : 美容・健康

40代女性に髪についてのお悩みを聞くと、筆頭に挙がるのが“白髪”です。

■白髪染めで頭皮に刺激・かゆみが…何が原因なの?

「白髪が気になりだすと、染める頻度も高くなり、根元からしっかり染めたいあまり、頭皮にもべったり薬剤をつけてしまうことも。カラー剤が頭皮に付くと刺

激やかゆみを感じる事も。それが度重なると頭皮の“ダメージ”が進んでしまう可能性があります」

「サロンで染めてもらっている時に頭皮に刺激などの違和感を感じたり、サロンで染めた後にかゆみがあったりした場合、我慢や遠慮をせずに美容師さんに相談してください」

「サロンでは、美容師さんが髪や頭皮の状態に合わせて刺激の弱いカラー剤を選んでくれたり、頭皮に薬剤がつかないように根元ギリギリに塗布したり、必要に

応じて頭皮の保護剤を使ったりして、刺激をできるだけ低減しながらカラーを続ける事ができます」

「また、ヘアカラー直後に“炭酸シャンプー”などで、頭皮のpHをしっかり下げると頭皮角層の多重剥離が抑えられるので、カラー後の頭皮ケアとして非常に有効です」

「自宅で行うセルフ白髪染めでは、頭皮にカラー剤を付けずに根元ギリギリから塗布することが難しいので、白髪染めはサロンで行うことをおすすめします」

■白髪染めを退色させずに長持ちさせたい! ケアのポイントは?

(1)髪へのダメージが少ないカラー剤で染めること
「髪のダメージが進んでいると、“退色しやすくなります”ですので、カラーリングでのダメージを最小限に抑える為に、髪へのダメージが少ないカラー剤で染めることが大切です」

関連記事

白髪染めもち(2)

「美容室では、なりたい色味に合わせてダメージが少ないカラー剤を選定してくれたり、根元と毛先で薬剤の塗り分けや放置時間のコントロールをしてくれたりします。この点からも、美容室でカラーリングを行ってもらうことが理想的です」

(2)サロンカラーと同時にサロントリートメントを行う事
「カラーリングは白髪が染まったり、髪色が綺麗になったりするものの、ダメージが起こることも事実です。カラーリング直後にサロンでトリートメントなどのスペシャルケアを行うことをおすすめします」

白髪染めもち(3)

「キューティクルなど中心に、“髪のダメージ箇所”をしっかり補修しておけば、退色も抑えられるだけでなく、髪が綺麗な状態で退色していくので、汚く見えません」

(3)退色抑制成分が配合されたカラーヘア用のケアアイテムを使う事
「カラーリングが髪にしっかりと定着できるので、サロンで、カラーリングをした当日は、スタイリング剤が付いていなければ、シャンプーを控えましょう」

白髪染めもち(4)

「カラーリング後のホームヘアには、カラーヘア用のシャンプーやトリートメントを使用することをおすすめします。カラーヘア用アイテムは、退色抑制のための成分が配合されていて、サロンで染めた色が長持ちします。ミルボンでは、ミョウバンに退色抑制効果があることを確認し、カラーヘア用の製品に配合しています」

関連記事

■自宅で白髪をケアしたい! どんなアイテムを使えばいい?
サロンで染めてしばらく経つと、髪が伸びて根元や生え際などの白髪が気になり出します。
次に、サロンで染めるまでにはまだ時間があるし、自宅でケアできたら…と思う人は多いですよね。市販のカラー剤を使って自分で染めてもいいものでしょうか?

・カラートリートメント
「髪へのダメージは少ないですが、次にサロンでカラーリングをする時に発色に影響する場合があるので、基本的にはあまりおすすめしません」

・ホームカラー(白髪染め)
「いつでも手軽に染められるメリットはありますが、自分で塗るのは難しいので色ムラになりやすかったり、ダメージへの対応が難しかったりというデメリットも。色数もサロン用と比べて少ないので、サロンで染めた部分とムラになってしまう可能性もあります」

白髪染めもち(5)

「次回のサロンでのカラーリングへの影響が少ないという意味で、カラートリートメントよりホームカラー(白髪染め)の方が良いと思います。髪へのダメージが大きいので、根元や生え際だけなどポイント使いに留めましょう」

「どうしてもという場合は、美容師さんと相談しながら、ダメージやサロンで染めた色みに影響が少ないものを選ぶと良いと思います。最近では、美容室で自宅用のヘアカラーを販売していることもあるので、そちらを使えば、染め方などを美容師さんから詳しくレクチャーしてもらえます。市販のカラー剤を使う場合も、サロンで染めたときに美容師さんに相談しておくと失敗が少なくなると思います」

すぐに白髪が目立って困るとお悩みの方は、サロンで染めた髪色を長くキープして、白髪を目立たせないようにできるホームケアをさっそく試してみて下さい!

関連記事

 

関連記事

ハーブティー リラックス効果 デトックス

ハーブティーは優しい香りと有効成分により眠気を誘うため眠れない時に口にすると穏やかに眠りにつく事がで

記事を読む

栄養の吸収率UP!美容&健康のために食べ合わせ

毎日、何気なく食事をしているとおいますが、食べ合わせによってはもっと効率よく栄養素を吸収できる場合が

記事を読む

冬はメンタル不調の季節元気な心をキープするポイント

秋から冬にかけては、「今ひとつ心の元気が出ない」「寝ても寝ても眠い」「やる気が出ない」という人が増え

記事を読む

忘年会 新年会を健康痩せる食べ方飲み方

糖質制限では禁酒する必要はありませんね。 糖尿病治療は、飲酒はダメと指導されていますが、糖質制

記事を読む

筋トレ 食事法

一般的に筋トレのイメージとしては身体の見た目をよくするのが先行しますが、近年では筋トレは健康にとって

記事を読む

食欲の秋でも太らない 役立つヘルシー秋野菜

「食欲の秋」という言葉の通り、秋は美味しいものがたくさんあって体重管理がむずかしいですよね。「美味し

記事を読む

冬は肌の乾燥季節

体温と外気に一番差が出る冬です これだけでも体は負担を感じているのに湿度も低い。 こ

記事を読む

朝のむくみ顔に悩まない!水はけ改善

朝目覚めたら、鏡を見てムクンダ顔におどろいてしまうこともありますよね。そんな事態をさけるために、朝に

記事を読む

短い時間しか寝られない!眠りの質をよくするコツ

短い時間睡眠では睡眠の『質』を上げる事が大切 睡眠は「時間」と“質”が大切です。 基本は必要

記事を読む

マスク生活 老けを防ぐ顔

マスクが必需品となって以来、何となく顔の印象が老けたことに気づかれた方が多いようです。これには、長時

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仲良しカップルから喧嘩後の気まずさを解決するヒント

カップルなら必ず起こる喧嘩問題。ぶつかってしまった後は、彼と気まずい雰

冬はメンタル不調の季節元気な心をキープするポイント

秋から冬にかけては、「今ひとつ心の元気が出ない」「寝ても寝ても眠い」「

サンキューハザードをしなかったら、後続車からあおり運転を受けたとのSNSへの書き込みが増えている

合流路で道を譲ってもらった際にハザードランプを短く点滅させるいわゆる「

ウオーキング 脂肪を燃やす 適切な心拍数

今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日から

まつ毛 のダメージを加速させている? 三大NG

長く、太く、濃いフサフサまつ毛は、いつの時代も女性の憧れ。でも実際には

→もっと見る

PAGE TOP ↑