*

伸びてくる白髪対策に白髪染めの持ちを良くするテク

公開日: : 美容・健康

40代女性に髪についてのお悩みを聞くと、筆頭に挙がるのが“白髪”です。

■白髪染めで頭皮に刺激・かゆみが…何が原因なの?

「白髪が気になりだすと、染める頻度も高くなり、根元からしっかり染めたいあまり、頭皮にもべったり薬剤をつけてしまうことも。カラー剤が頭皮に付くと刺

激やかゆみを感じる事も。それが度重なると頭皮の“ダメージ”が進んでしまう可能性があります」

「サロンで染めてもらっている時に頭皮に刺激などの違和感を感じたり、サロンで染めた後にかゆみがあったりした場合、我慢や遠慮をせずに美容師さんに相談してください」

「サロンでは、美容師さんが髪や頭皮の状態に合わせて刺激の弱いカラー剤を選んでくれたり、頭皮に薬剤がつかないように根元ギリギリに塗布したり、必要に

応じて頭皮の保護剤を使ったりして、刺激をできるだけ低減しながらカラーを続ける事ができます」

「また、ヘアカラー直後に“炭酸シャンプー”などで、頭皮のpHをしっかり下げると頭皮角層の多重剥離が抑えられるので、カラー後の頭皮ケアとして非常に有効です」

「自宅で行うセルフ白髪染めでは、頭皮にカラー剤を付けずに根元ギリギリから塗布することが難しいので、白髪染めはサロンで行うことをおすすめします」

■白髪染めを退色させずに長持ちさせたい! ケアのポイントは?

(1)髪へのダメージが少ないカラー剤で染めること
「髪のダメージが進んでいると、“退色しやすくなります”ですので、カラーリングでのダメージを最小限に抑える為に、髪へのダメージが少ないカラー剤で染めることが大切です」

関連記事

白髪染めもち(2)

「美容室では、なりたい色味に合わせてダメージが少ないカラー剤を選定してくれたり、根元と毛先で薬剤の塗り分けや放置時間のコントロールをしてくれたりします。この点からも、美容室でカラーリングを行ってもらうことが理想的です」

(2)サロンカラーと同時にサロントリートメントを行う事
「カラーリングは白髪が染まったり、髪色が綺麗になったりするものの、ダメージが起こることも事実です。カラーリング直後にサロンでトリートメントなどのスペシャルケアを行うことをおすすめします」

白髪染めもち(3)

「キューティクルなど中心に、“髪のダメージ箇所”をしっかり補修しておけば、退色も抑えられるだけでなく、髪が綺麗な状態で退色していくので、汚く見えません」

(3)退色抑制成分が配合されたカラーヘア用のケアアイテムを使う事
「カラーリングが髪にしっかりと定着できるので、サロンで、カラーリングをした当日は、スタイリング剤が付いていなければ、シャンプーを控えましょう」

白髪染めもち(4)

「カラーリング後のホームヘアには、カラーヘア用のシャンプーやトリートメントを使用することをおすすめします。カラーヘア用アイテムは、退色抑制のための成分が配合されていて、サロンで染めた色が長持ちします。ミルボンでは、ミョウバンに退色抑制効果があることを確認し、カラーヘア用の製品に配合しています」

関連記事

■自宅で白髪をケアしたい! どんなアイテムを使えばいい?
サロンで染めてしばらく経つと、髪が伸びて根元や生え際などの白髪が気になり出します。
次に、サロンで染めるまでにはまだ時間があるし、自宅でケアできたら…と思う人は多いですよね。市販のカラー剤を使って自分で染めてもいいものでしょうか?

・カラートリートメント
「髪へのダメージは少ないですが、次にサロンでカラーリングをする時に発色に影響する場合があるので、基本的にはあまりおすすめしません」

・ホームカラー(白髪染め)
「いつでも手軽に染められるメリットはありますが、自分で塗るのは難しいので色ムラになりやすかったり、ダメージへの対応が難しかったりというデメリットも。色数もサロン用と比べて少ないので、サロンで染めた部分とムラになってしまう可能性もあります」

白髪染めもち(5)

「次回のサロンでのカラーリングへの影響が少ないという意味で、カラートリートメントよりホームカラー(白髪染め)の方が良いと思います。髪へのダメージが大きいので、根元や生え際だけなどポイント使いに留めましょう」

「どうしてもという場合は、美容師さんと相談しながら、ダメージやサロンで染めた色みに影響が少ないものを選ぶと良いと思います。最近では、美容室で自宅用のヘアカラーを販売していることもあるので、そちらを使えば、染め方などを美容師さんから詳しくレクチャーしてもらえます。市販のカラー剤を使う場合も、サロンで染めたときに美容師さんに相談しておくと失敗が少なくなると思います」

すぐに白髪が目立って困るとお悩みの方は、サロンで染めた髪色を長くキープして、白髪を目立たせないようにできるホームケアをさっそく試してみて下さい!

関連記事

 

関連記事

いびき対策グッツ 顎固定サポーター

お付き合いをし始めてから間もないパートナーが居り、普段は周囲の人々が羨むほどの仲が良い様子で過ごして

記事を読む

ケフィア たね菌 種菌 ヨーグルト

日々の生活をより快適に過ごすために必要なものはありますが、その中でも健康のことを考えると是非活用した

記事を読む

効果的な美容法が分かる 運命数

綺麗になるための美容法をせっかく実行するなら、効率の良い方法を選びたいですよね。その時々の運気によっ

記事を読む

体脂肪率を下げる水分補給のコツ

むくみ解消やいわゆる水太り対策のためにと水分を控えるのは逆効果。老廃物を体内にとどめないための水分補

記事を読む

ひざ関節 痛み,改善方法,原因予防

ひざは体重を支える部分ではあるがゆえに、大きな負荷がかかっています。そのために激しい痛みを伴う関節痛

記事を読む

頭皮マッサージで抜け毛や薄毛、顔のリフトアップを防ぐ

頭皮マッサージを行うことであらゆる効果を実感できるというのが、よく知られている事実です. 抜け

記事を読む

今旬バナナの健康パワー

バナナは天然のスイーツといってもいいでしょうね。砂糖を足さずとも元から甘いので、いろいろなデザートに

記事を読む

現役薬剤師が選ぶ市販の花粉症用目薬

花粉症シーズン真っ只中。目は赤く充血して、かゆくて重くてしかたない。◆外出するのがおっくうになり・気

記事を読む

選びたいファンデーションのポイントとは?

乾燥肌の方は、リキッドファンデーションがおすすめです。 リキッドファンデーションは液体性。乾燥肌の

記事を読む

クーラー冷え症 夏でも体を温める食事法

暑さが本格的になるこの時期、オフィスの冷房が寒いことに悩んでいたり、室内と外の気温差についていけず、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

夏の疲れ・ダメージに旬の「梨」の栄養と簡単

ひとくち頬張ると、ジューシーな果汁が口いっぱいに広がるみずみずしい果実

夏バテ防止だけじゃないお酢の魅力

“お酢”は、美容や健康を促進・維持する効果が期待できる調味料で、古くか

腸内環境を整える 発酵おやつ

腸内環境をよい状態に保つことが、美容と健康の要であることは広く知られる

栄養の吸収率UP!美容&健康のために食べ合わせ

毎日、何気なく食事をしているとおいますが、食べ合わせによってはもっと効

短い時間しか寝られない!眠りの質をよくするコツ

短い時間睡眠では睡眠の『質』を上げる事が大切 睡眠は「時間」と“質”

→もっと見る

PAGE TOP ↑