忘年会 二次会 ビンゴ 景品

会社に勤務しているのなら忘年会は知っておくといいでしょう。どういうものなのかというとこれはみんなで扱って食べたり飲んだりするものです。目的はどうなのか気になるところと言えます。実は忘年会は開催する目的が違っているので理解しておくのが基本です。

接待として行う場合は社外の方を読んで取引企業の方たちと行います。これは交友関係を深めて良好なビジネスを行うためにする作業です。部署全体で行い際は同じ部署の連中だけが集まり忘年会を行うのが基本となっています。社員のためのもので納会や飲み会を兼ねるような場合もあるのが特徴です。労をねぎらうという目的で行っているのがほとんどと言えます。

それだけにビンゴ大会といったイベントも同時開催している会社がほとんどです。豪華景品があたる内容なので社員にとっては嬉しいイベントと言えるでしょう。忘年会はお付き合いを良好にするために行う場合が多く来年もよろしくおねがいしますという意味があります。

年末に行うのが一般的で特別に飲食店を貸し切って行う作業です。営業を行っている方は社外の方とも交流があるので多くの忘年会に出席します。大変なシーズンとなっていると言えるでしょう。また忘年会終了時に二次会を開く場合もあるのが特徴です。二次会はもう一度飲み直すという意味を持ち特に親しい方たちだけで扱って行います。

部署の方は複数のグループになり飲み直すといった内容です。忘年会後の礼儀として挨拶を送る場合があります。社外の方とやり取りをするのですが、御礼のメールは翌日の午前中に送るのが基本です。メールの内容は率直に感謝を伝えるものでOKとなっています。なかなか書き慣れてないとどういうふうに書けばいいのか悩んでしましょう。

いつも大変お世話になっています、こういう書き方で筆を運ぶといいです。また書くときの注意点ですがあまり堅苦しい文面にならないように気をつけます。あくまで自然な感じで行う、砕けすぎるのは失礼です。自分らしいメールを送れば違和感はないと言えます。

部署によっては大人数で行う場合があるので下準備はしっかり行っておくといいです。例えばどこで忘年会をするのか打ち合わせをする、出席する人数を最初に把握しておきます。そうすれば席数を確保できるお店を見つけやすいのでおすすめです。

大人数で使うときは必ずお店に予約を入れる必要があります。年末に近づくにつれ予約が一杯になる可能性があるので早めに入れておきましょう。

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>