『アメトーク』~ちゃんとしてなきゃいけない芸人

では、面白かったシーンをどうぞ~!

アメトークは、雨上がり決死隊の宮迫と蛍原がMCを勤め芸人と
一緒に笑いを取っている。昔からの人気番組です。
身体を張った笑いでは無いですが、掛け合いの中で笑いを取って
盛り上げています。

今回は芸人なのにハメを外せない芸風の苦労って芸人じゃ無い
世界の話です。
同世代位の芸人が集まり話題テーマに沿って面白おかしく話を
作っているのが今回は面白かったですね。

芸人が芸人を振り分ける事自体が破天荒な発想でそれを笑いに
替えるトークの技術も見ていてひ引き付けら笑わされる所です。

お笑い関連記事

バラエティを見る時、話の内容がどうかと言う点もありますが
私が見ていて一番笑うのは、全員が一つの話題に必死に入って
話そう話そうとする姿が芸人魂を感じますし、その話で爪痕を
残そうとする表情は、見ていて伝わるので面白いです。

アメトークは、毎回、こんな流れで進みますが見ていても
飽きないお互いがお互いの事を突っ込み、ボケるから。
どう笑わすか番組の空気を読んでる必死な表情は、顔芸で
笑わす芸人と一緒で本人達は、話でと思っていると思いますが
視聴者には、ちょっと違う感じで伝わっていると思います。

バラエティがトーク主体になって破天荒さが無く成って来て
ますがこれはこれで面白いから『あり』かなって思います。
時にはトークと暴れる(破天荒な行動)が合わさってもいい
様にもおもいますが時代の流れですよね。

アメトークは、出演者が平等な立場でトークを繰り返し
誰かがボケて突っ込む芸人のタイミングが面白いです。

人気テレビ番組関連記事

でも、他のバラエティーと同じ様な王道で進むのは次の
笑いには結びつかないのでどこかで破天荒な事をして
欲しいと言うお願いもあります。

アメトークならどこかでそれを実現するのではと期待
させてくれる優秀なバラエティーの一つです。
バラエティーはトークが命なのでお笑い怪獣の様な引っ張って
行くトークとは別の流れなので楽しいです。

視聴者が求める物は【笑い】これを追及してバラエティー
番組を見て回って誰が面白いとか誰がウザイとか好きな
事を言っては笑ているのが現実です。

破天荒なバラエティーを期待する方はダウンタウンの番組が
好きだと思います。
最近のバラエティーはトークの流れをいかに次週にもつなげるか
も要求されていると思っています。

アメトークならではの面白さをこれからも追及して言って欲しい
と願います。

シェアする

フォローする