腸活 納豆 レシピ

ご飯のお供としておなじみの納豆は、大豆を原料とした発酵食品です。納豆は、筋肉の材料となるたんぱく質や、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが豊富に含まれているので、更年期障害や骨粗しょう症予防に効果的と言われています。

納豆は、蒸した大豆に納豆菌を加えて発酵させることで出来上がります。納豆菌が腸内に入ると、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が活性化し、逆に大腸菌などの悪玉菌が抑制されるため腸内環境改善につながります。

また、納豆には納豆菌が作り出すナットウキナーゼという酵素も含まれています。
ナットウキナーゼには血栓を溶かす作用があり、血液の流れをスムーズにする働きがあると言われています。腸が改善すると血流が促されると栄養や酸素が全身に行き届くようになるので、代謝UPや美肌などの効果も期待できますよ。
ただし、ナットウキナーゼは熱に弱いので、アツアツのご飯にのせると十分な効果を発揮できなくなってしまう可能性がありますので、ご飯とは別々に食べるか、少しご飯が冷めてからトッピングするのがオススメです。

納豆とチーズはどちらも発酵食品なので、相乗効果でより腸内環境を整える効果が期待できます。また、不足しがちなたんぱく質も手軽に摂る事が出来ますので、サラダなどを添えると忙しい朝でも栄養バランスがばっちりです!

ヨーグルトは牛乳を原料とした発酵食品です。乳酸菌が栄養素豊富に含まれ、腸内環境を整えることで便秘解消にも役立ちます。また、牛乳が原料なので、カルシウムも栄養素豊富に含まれることが特徴です。
骨の健康維持に効果的な栄養素として有名なカルシウムですが、日本人には不足しがちな栄養素です。特に女性は閉経後に骨粗しょう症のリスクが高まりますので、早いうちからカルシウムをしっかりと摂っておくのが望ましいです。

ヨーグルトには様々な種類がありますが、オススメなのはギリシャヨーグルト(水切りヨーグルト)です!水分が少なく濃厚な口当たりのギリシャヨーグルトは、普通のヨーグルトと比較して低脂質・高たんぱくです。
代謝を維持しつつ綺麗にやせるためには、筋肉の材料となるたんぱく質が欠かせません。たんぱく質が不足しがちな朝食や、たんぱく質が少なかった日の間食などに取り入れるのもオススメですよ!

普段の食生活でも取り入れやすい発酵食品にはダイエットや美容、健康など様々な効果が期待できます。
お腹の腸内の中から綺麗になれる、健康的なダイエットを目指しましょう!

シェアする

フォローする