*

風しん患者数 1,000人超え…首都圏中心に流行続く

公開日: : 総合

国立感染症研究所によると、第40週の風しん報告数は135人。第39週(9月24日~30日)の149人より14人減少したものの、第36週(9月3日~9日)から5週連続で報告数が100人を超えている。

第40週までの風しん累積報告数は1,103人。地域別では「東京都」の362人が最多。「千葉県」216人、「神奈川県」132人、「埼玉県」78人、「愛知県」61人と続いている。

第40週の風しん報告数を都道府県別にみると、「東京都」が45人ともっとも多く、ついで「神奈川県」21人、「千葉県」20人、「埼玉県」7人と、首都圏を中心とした流行が依然として続いている。また、首都圏や愛知県以外からも「群馬県」6人、「兵庫県」5人、「三重県」4人、「長野県」3人、「富山県」「石川県」「山梨県」「静岡県」「大阪府」各2人と、複数の報告があった。

2018年の風しん患者累積報告数は、2008年の全数届出開始以降では、2013年、2012年についで3番目に多く、2017年の93人と比較すると、すでに12倍の報告数となっている。2018年は第40週までに先天性風しん症候群の報告はないが、2013年には風しん流行に関連した先天性風しん症候群が45人確認されている。

国立感染症研究所などでは、先天性風しん症候群の発生を防ぐためには、妊婦への感染防止とともに、妊婦や妊娠出産年齢女性の周囲の人、特に30~50代男性の感染防止が重要と指摘。風しんはワクチンによって予防可能な疾患であることから、罹患歴がなく、予防接種歴がない、または不明の場合は早めにワクチンを接種するよう勧めている。

風しんワクチン(主に接種されているのは、麻しん風しん混合ワクチン)を接種することによって、95%以上の人が風しんウイルスに対する免疫を獲得することができると言われています。2回の麻しん風しん混合ワクチン接種を受けることで1回の接種では免疫が付かなかった方の多くに免疫をつけることができます。

ワクチン接種を受けることを積極的に検討すべきですが、既に妊娠しているのであればワクチン接種を受けることが出来ませんので、風しんが発生している地域では可能な限り外出を避け、人ごみに近づかないようにするなどの注意が必要です。

関連記事

新元号は令和

官房長官『新元号は【電話】です!』 『これからじゃんじゃんと鳴りますよ!さー今がチャンス』

記事を読む

日焼けケア

美容の大敵、日焼けは、冷やす・保湿・水分補給の効果的なアフターケア方法を知れば紫外線ダメージを最小限

記事を読む

夏休み自由研究

夏休み自由研究とは文字通りに夏休みの期間内に何らかの研究を子供がするといった学校の宿題です。小学生の

記事を読む

残暑見舞い

暑い時期に贈るハガキや贈り物は暑中見舞いや残暑見舞いと言い、猛暑の中でその体をいたわるような贈り物を

記事を読む

放置預金

長い間、10年以上使わないままになっている預金口座はありませんか。 10年以上利用がない口座の

記事を読む

不動産投資 お金の残し方,裏教科書

不動産投資の本でお金の残し方裏教科書というものがあります。これは節税対策を行いながら物件を選ぶ目利き

記事を読む

水回り 運気,コツ

水回りを清掃しないと運気は下がってしまうと考えられています。特に注意しなければならないのは排水口です

記事を読む

2019 年5月に10連休

天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う儀式の詳細を検討する「式典委員会」(委員長・安倍首相)の設置を

記事を読む

スマホ自撮りで本人確認

近い将来各機関ががスマホで撮影して顔認証し本人確認、本来は、金融機関で本人確認に、 免許証での

記事を読む

子育て 復帰

子育てが一段落ついたら職場に復帰したい人は珍しくありません。 新しい家族が増えると子育てに専念する

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

夏の疲れ・ダメージに旬の「梨」の栄養と簡単

ひとくち頬張ると、ジューシーな果汁が口いっぱいに広がるみずみずしい果実

夏バテ防止だけじゃないお酢の魅力

“お酢”は、美容や健康を促進・維持する効果が期待できる調味料で、古くか

腸内環境を整える 発酵おやつ

腸内環境をよい状態に保つことが、美容と健康の要であることは広く知られる

栄養の吸収率UP!美容&健康のために食べ合わせ

毎日、何気なく食事をしているとおいますが、食べ合わせによってはもっと効

短い時間しか寝られない!眠りの質をよくするコツ

短い時間睡眠では睡眠の『質』を上げる事が大切 睡眠は「時間」と“質”

→もっと見る

PAGE TOP ↑