不動産投資 購入後,教科書

公的年金や退職金などの制度に頼ることが難しくなっていると感じている人は多く、自分の年金を試算してみたり、自分の保険や個人年金を確かめたりしてみた上で不安になっている人の中には、不動産投資を考えているという人が少なくありません。

将来受け取る年金給付額は減額されることが予想されているため、働き始めたころに描いていたような優雅な退職後の生活を送ることができないという現実に直面しているのです。

貯蓄があるという人も、インフレによって目減りしてきていたり、今後のインフレの影響で価値が低下してしまう可能性もあり、将来に不安を抱えている人が大変多くなってきているのです。

ゆとりある老後を送るためには、夫婦二人で約5000万円~9000万円もの資金が必要とも言われています。最低限暮らしていくだけで月額平均23万円以上かかるのですが、ゆとりある老後を過ごすためには、月額で36万が必要と言われています。60歳で定年を迎えてから20年間の間ゆとりある老後を過ごしたいと思っているなら不動産投資がおすすめです。

不動産投資は、比較的リスクが少なく、長期間収入を安定的に得ることができるといわれています。他の投資とは異なり、一気にたくさんの金額を手に入れることはできませんが、その分リスクが比較的少なく、安定的なので老後の資金調達に向いているのです。

インフレが到来したとしても、現金や預金のように金融資産が目減りする可能性が低く、家賃収入を継続的に得ることができる可能性があります。収入を得ることができるので、土地や建物の不動産評価額が低下しても元を取ることができ、資産が残るということがメリットです。

不動産投資に自信がないという人も多いのですが、購入後の教科書を手に入れることで、ノウハウが手に入るので難しくはありません。分からないことが多いと難しく感じるものですが方法が分かればできる人が多いのが不動産投資なのです。

シェアする

フォローする