ダイエット 冷え性の改善

ダイエットをしたくても、うまく取り組めないという悩みを抱えている人が少なくありません。悩みの原因を明らかにして対策を立てることが大切です。たとえばジョギングはダイエットに効果的ですが、花粉症だから走るのがつらいという人もいます。その場合の対策としては、花粉の飛散量が少ない時間に走ることが挙げられます。

ジョギングは有酸素運動であるため、多くの空気を体内に入れなければなりません。飛散量が多い時間帯だと、必然的に花粉も多く取り入れてしまいます。一般的に気温が上昇した昼あたりに量が増えやすいので注意しましょう。また日没後も待っていた花粉が落ちてくるので吸い込みやすくなります。すなわち、ジョギングをする際はそれらの時間帯を避けるのがポイントです。夜中に走るのは危険なので、早朝を選んで走ると良いでしょう。花粉が留まりにくい素材の衣類を選んだり、ゴーグルやマスクを装着したりすると、さらに走りにやすくなります。

また、冷え性であることが原因で、ダイエットの効果が出にくいと感じている人も多くいます。体が冷えていると血流が悪くなってしまい、その影響により新陳代謝も下がります。そうなるとエネルギーがあまり使われないので、運動をしてもダイエットの効果が現れにくくなるということです。つまり冷え性の改善に取り組むことが、ダイエットの最初のアプローチといえます。

半身浴は冷え性を改善するとてもシンプルな方法です。一般的に体温は下半身のほうが低いので、半身浴をすると効率よく温められます。上半身を湯船から出しておくことで、のぼせるのを防止する効果も期待できます。半身浴でじっくりと下半身を温めて、血液が体に行き渡るのを実感してください。改善されたと感じた状態でダイエットに取り組みましょう。

また食事制限をするのがつらくて、ダイエットを続けられないという人も珍しくありません。空腹の状態が続くとストレスがたまるので、精神的にも良くありません。その場合は食事の置き換えを実施すると成功しやすくなります。単純に食事を抜くのではなく、野菜のスープやドリンクなどに置き換える方法です。完全に食事を抜いてしまうと栄養が不足するという問題もあります。

しかし、この方法であれば最低限の栄養は確保できるので、ダイエット中もいろいろな活動をしやすくなるでしょう。いきなり置き換えるのが不安という人は、無理せずに少しずつ置き換えていくのがポイントです。

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1001305997218697 ”
crossorigin=”anonymous”></script>